メンタルヘルス応急処置プログラム: 企業内でメンタルヘルス プログラムを作成する方法

3月 22, 2024

1 min read

アバター画像
Author : United We Care
Clinically approved by : Dr.Vasudha
メンタルヘルス応急処置プログラム: 企業内でメンタルヘルス プログラムを作成する方法

導入

企業におけるメンタルヘルスのニーズを理解するのは簡単なことではありません。メンタルヘルス プログラムは、懸念事項に効果的に対処するために設けられています。具体的には、MHFA がこの方向への最初のステップとなる可能性があります。 MHFA は、企業のニーズを念頭に置いて作成された、事前に設計されたツールです。このプログラムを通じて、企業の従業員はメンタルヘルス上の懸念に対処する方法を学ぶことができます。この記事では、職場にメンタルヘルスに基づいた構造を導入する方法について説明します。

メンタルヘルス応急処置プログラムとは何ですか?

まず、MHFA プログラムを確立するには、それに関する包括的な情報を得る必要があります。精神的健康に関連した応急処置は、身体的な応急処置と似ています。主な目的は、専門サービスが引き継ぐまでケアを提供することです。 2 番目に、特定のシナリオでの最初のアクションとなるように設計されています。これらの特定のシナリオには、専門家が直接連絡を取ることができない状況が含まれます。認識の欠如、偏見、燃え尽き症候群も同様に制限となるシナリオです。第三に、プログラムの主要なコンポーネントは正確な情報を提供します。神話や誤解があると、助けを求める可能性が低くなります。このようなことが起こらないように、メンタルヘルスに関するすべての関連情報が提供されます。同様に、この情報は、直面する可能性のあるすべての課題を考慮して作成されています。メンタルヘルスの問題に対処する際の日常的なハードルについて学びます。また、同じ問題について正確なリソースに連絡する方法も習得します。

メンタルヘルスの応急処置がなぜ重要なのか?

現在、メンタルヘルスの問題は徐々に増加しています。認識の欠如と偏見が主な原因の 1 つです。したがって、応急処置は健康に対するこれらの障壁に対処します。以下は、MHFA が福祉に取り組む重要な方法です。 企業のメンタルヘルス プログラム

メンタルヘルスにおける予防措置 応急処置

まず、メンタルヘルスの問題に対処する最善の方法は予防策ではありません。病気の発症の初期兆候に焦点を当てることは、MHFA が支援する方法の 1 つです。また、ストレス管理に対する意識と健康的な対処スキルも健康にとって重要です。

治療希望の増加

正確に言えば、MHFA は精神障害の兆候や症状についての認識を高めます。これは、さまざまな精神疾患の早期発見に役立ちます。さらに、検出に加えて、タイムリーな治療にアクセスするのに役立ち、治療のギャップを減らします。

個人の負担を軽減

しかし、精神的健康上の問題を抱えている場合、心を開くのは困難です。これは主に、精神的健康問題に関する誤解と偏見によるものです。ありがたいことに、応急処置はこれらの偏見を打ち破り、困っている人に正確な情報を提供するのに役立ちます。

健康を促進

さらに、メンタルヘルスに重点を置くことで、健康を維持する機会が得られます。これは、デリケートな問題に対して体系的なアプローチをとるのに役立ちます。それによって、回復と全体的な健康への道が始まります。

あなたの企業でメンタルヘルス応急処置プログラムを作成する手順は何ですか?

したがって、企業では多面的なアプローチが必要になります。さらに、効率的な職場は、そのような懸念に対処するための体系的なアプローチで構成されています。このようなアプローチを実装するには、いくつかの重要な手順を考慮する必要があります。以下は、企業で MHFA を作成する際の重要な手順の一部です。

メンタルヘルス応急処置への取り組み

体系的な青写真を確立する前に、まず関係者と従業員を説得する必要があります。企業内のあらゆるレベルの従業員に教育する必要があります。このためには、リーダーシップを割り当て、ディスカッションを作成することから始めます。最終的に、組織の担当者がコミットする準備ができたら、次のステップに進むことができます。

トレーニング

次に、研究したマニュアルに基づいて従業員を教育することから始めます。また、メンタルヘルスの問題に対処するために訓練を受けたその分野の専門家を雇うこともできます。これらの専門家は通常、精神医学、心理学、または人事分野のバックグラウンドを持っています。従業員のトレーニングを担当する外部機関から認定資格を取得することもできます。

社内体制の整備

さらに、トレーニングが完了したら、社内のケア システムを確立する必要があります。内部システムにより、助けを求める人にとってスムーズなプロセスが保証されます。また、専門家の支援が遅れる可能性がある危機シナリオに対処するのにも役立ちます。内部システムとは、応急処置を提供する際の自分の役割を認識する、従業員内で割り当てられたタスクを指します。

見直しと改善

最終的には、最善の努力にもかかわらず、改善が必要になることを受け入れてください。メンタルヘルスの問題は簡単に発見されないため、一部の従業員は依然として苦しんでいる可能性があります。フィードバックをオープンに受け入れ、必要に応じてシステムに変更を加えるようにしてください。 MHFA を見直して改善することで、従業員が意見を聞いてもらえていると感じ、懸念が目に見えるようになるでしょう。

メンタルヘルス応急処置は職場でどのように役立ちますか?

以来、うつ病、不安症、その他の精神的健康上の懸念が蔓延しています。これらの懸念に対処できないと、生活のさまざまな側面で機能が低下します。メンタルヘルスの問題は、従業員の健康と機能に深く影響します。以下は、メンタルヘルス応急処置プログラムが職場で提供する主な解決策の一部です。

職場の生産性とメンタルヘルスの応急処置プログラム

たとえば、 生産性は、職場でメンタルヘルスの問題に影響を与える重要な要因の 1 つです。これは、あなたや従業員が期限を守ってタスクを完了するのに苦労する可能性があることを意味します。これにより、職場全体の効率が低下する可能性があります。メンタルヘルス応急処置プログラムは、困難を抱える従業員の発見と早期ケアの提供に役立ちます。

欠勤およびメンタルヘルス応急処置プログラム

一方で、あなたまたは従業員がメンタルヘルスの問題に大きく苦しんでいる可能性があります。一方で、そのような問題を抱えて生活する日々の苦労により、完全に仕事に出席することが困難になるかもしれません。その代わりに、メンタルヘルスの問題に耐えるために定期的に仕事を休むことになります。メンタルヘルス応急処置プログラムは、支援を必要とする従業員にとってより働きやすい職場環境を作り出すのに役立ちます。

同僚のサポートを活用したメンタルヘルス応急処置プログラム

当初、このプログラムには追加の人員やリソースは必要ありません。むしろ、企業内の既存の従業員をトレーニングするように設計されています。従業員は職場におけるメンタルヘルスケアの最前線として行動します。したがって、メンタルヘルス応急処置プログラムは、同僚や同僚のサポートを活用して、職場でのケアサービスを強化します。

障壁の減少

最後に、職場での規定により、より多くのサポートと情報を入手できるようになります。これは、職場でメンタルヘルスの問題を隠す必要がないことを意味します。代わりに、同僚にサポートを求めることができます。 MHFA は、職場でのサポートを強化することで、助けを求めないリスクや偏見を軽減します。

結論

結論として、メンタルヘルス応急処置は、職場の有効性と従業員の健康のために不可欠です。それを企業内に確立するには、設計された構造を用意し、トレーニングを提供する必要があります。職場でメンタルヘルスの問題に対処する必要がある場合は、オープンな環境を作り出すことを検討してください。働きやすい職場環境については、この記事で詳しく説明していますUnited we Care アプリには、職場のニーズを満たすためのさまざまなリソースが用意されています。

参考文献

[1] アンジェラ、「職場でのメンタルヘルスの応急処置を使用して、より健康でより積極的な従業員を作成する」、メンタルヘルスの応急処置、https://www.mentalhealthfirstaid.org/2023/09/create-healthier-more-engages-employees- with-mhfa-at-work/ (2023 年 10 月 15 日にアクセス)。 [2] S. Dzemaili、J. Pasquier、A. Oulevey Bachmann、および M. Mohler-Kuo、「スイスの学部生におけるメンタルヘルス応急処置トレーニングの有効性: ランダム化対照試験」、MDPI、https:// www.mdpi.com/1660-4601/20/2/1303 (2023 年 10 月 15 日にアクセス)。 [3] Bovopoulos N;Jorm AF;Bond KS;LaMontagne AD;Reavley NJ;Kelly CM;Kitchener BA;Martin A;、「職場でのメンタルヘルス応急処置の提供:デルファイ コンセンサス研究」、BMC 心理学、https:/ /pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/27485609/ (2023 年 10 月 15 日にアクセス)。 [4] KB AF;、「職場環境におけるメンタルヘルス応急処置トレーニング: ランダム化比較試験 [ISRCTN13249129]」、BMC 精神医学、https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/15310395/ (10 月にアクセス) 2023 年 15 日)。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority