カーリル・ジブランの革命的な子育てアドバイスをご覧ください

6月 7, 2023

1 min read

uwc
Author : United We Care
カーリル・ジブランの革命的な子育てアドバイスをご覧ください

序章

子育ては、愛情、理解、導きを持って子育ての複雑さを乗り切るよう個人に課せられる奥深い旅です。歴史を通じて、数多くの思想家や哲学者が子育ての技術についての洞察を提供してきました。その中には、有名なレバノン系アメリカ人の詩人、作家、芸術家であるハリル・ジブランもいます。彼の子育てに関するアドバイスは、親であることの意味を変えるものです。この記事では、ハリル・ジブランとは何者なのかを探り、彼の革命的な子育てアドバイスを詳しく掘り下げます。

カーリル・ジブランとは誰ですか?

ハリル・ジブランは、1883年にレバノンで生まれ、詩的かつ哲学的な作品で知られる多面的な芸術家でした。彼は文学の旅の中で多くの傑作を生み出しましたが、最も深遠で有名なのは、愛、喜び、悲しみ、子育てなど、人生のさまざまな側面を探求した詩的エッセイ集「預言者」です。

ジブランさんの家族は、レバノンで父親が横領容疑で逮捕された後、米国に移住した。彼の母親は彼と彼の兄弟をボストンで育てました。 15歳のとき、彼は教育を受けるためにボストンに戻りましたが、帰国後、1人を除いて兄弟全員を失うという悲惨な出来事に直面しました。その後数年間、彼は新聞記事を発表し、彼の著作と芸術はすぐに知られるようになりました。彼は芸術家としての歩みを支援してくれるパトロンの注目を集め、1918 年に本の出版を開始しました [1]。

ジブランはすぐにセンセーションを巻き起こし、多くの人々が彼の教えに従い始めました。ジブランは自分自身の子供を持ったことはありませんでしたが、彼の深い観察と人間の状況に対する深い共感により、とりわけ子育ての芸術について独自の洞察を提供することができました。

カーリル・ジブランの子育てに関するアドバイスは何ですか?

親になるということは複雑で混乱を招くものです。多くの場合、この混乱はフラストレーションを引き起こし、最終的には親と子の間に摩擦が生じます。カーリル・ジブランは、著書『預言者』の第3節で親たちに向けて、子育てに関する深いアドバイスを与えています。

子どもたちについて

上記のアドバイスを分解すると、次のような知恵の塊に要約できます [2] [3]:

カーリル・ジブランの子育てに関するアドバイスは何ですか?

親は子供を所有していない 

ジブランはまず、子供は親から生まれたものではあるが、親の所有物ではないと述べた。この区別は覚えておくことが重要です。多くの親は子供を支配し、服従を要求する傾向があります。時々、子供は親に「属している」というこの考えが法律で取り上げられることもあります。しかし、子供は誰のものでもなく、自分自身のものです

子どもたちはレプリカであるべきではなく、自分自身であるべきである

ジブラン氏は、子供たちを個別の個人として認識することの重要性を強調した。同氏は親に対し、子どもの個性を尊重し、自己表現を奨励するよう訴えた。ジブラン氏は、子供たちを親の理想の複製に仕立て上げるのではなく、子供たちが自分たちの考え、信念、願望を発展させられるようにすることを提唱しました。

無条件の愛を与えてください

彼は、親に、子供たちに愛を与え、家を提供するかもしれないが、その見返りとして、子供たちがあなたのようになってくれる、またはあなたに従ってくれることを期待することは非現実的ではない、と親に伝える詩の中で無条件の愛について語っています。親が提供する必要がある愛には、境界や期待がありません。

子どもたちを引き留めないでください

ジブランはまた、子供たちは未来へ、さらには離れていくことになるという理解についても語ります。親は弓のようなもので、子は前方に射出される矢のようなものです。親の仕事は、子どもを引き留めるのではなく、子どもが行きたいところへ行けるよう手助けすることです。

カリール・ジブラン氏の子育てに関するアドバイスが重要なのはなぜですか?

ハリル・ジブラン氏の子育てに関するアドバイスは、親の責任を強調しています。彼のアドバイスは、子供たちが幸せで安全な子供時代を過ごすのに役立ち、さらに、親が子供たちとより深い絆を築き、維持することを確実にすることができます。

これは多くの理由から革命的であると考えられています。たとえば、[2][3]

  • 個性を重視する彼は、社会の期待を超えて、子供たちに自分の真実を発見させることを奨励します。
  • これは、親が子供たちに、愛情を注ぎ、同時に成長を促すスペースを提供することを奨励します。
  • これは、子どもの周りをうろうろする親、過保護な親、または非常に厳格な親になることを含む、多くの社会における子育ての規範に挑戦するものです。
  • それは、子供たちに敬意を払い、子供たちから学ぶことを要求し、子供たちは無邪気で無力であるという考えを廃止します。
  • それは、親が子供をコントロールし、子供が持つ価値観や信念を養わなければならないという考えから遠ざかります。
  • また、子育てにおいて「すべきこと」「してはいけないこと」から離れ、親が子どもたちに何を提供するかについての意識を高めるよう促します。
  • また、自分のニーズ、願い、希望、夢を子供たちに投影することから離れることも奨励します。

善意から発しているとはいえ、多くの親は過保護で規範的な態度をとることで子供を傷つけることがよくあります。多くの人は子供たちをコントロールしようとし、子供たちが反抗すると目に見えて動揺します。そのような状況でジブランのことを思い出すと、親は子供は自分の個人であり、親がコントロールをすればするほど、子供はさらに憤慨するようになるということを思い出させることができます

全体として、ジブランの子育てに関するアドバイスは、親がガイドおよび養育者としての役割を受け入れ、各子どもの固有の資質を尊重しながら、必要なサポートと境界線を提供することを奨励するため、非常に重要です。彼の教えを実践することで、親は個人の成長、精神的な幸福、そして子供たちが自信を持って真に自分の人生を歩むための強力な基盤を促進する環境を作り出すことができます。

結論

カリール・ジブラン氏の子育てに関するアドバイスは、子育てに関する新鮮かつ革新的な視点を提供します。ジブランの教えは、親がそれぞれの子供をユニークな存在として見て、個性を尊重することを奨励しています。親は子どもの独特の特質を大切にすることで自尊心を育み、子どもが自分のアイデンティティを確立し、自分の情熱を追求できるようにすることができます。

子育てについての視点をより深く理解したい親の場合は、次の問い合わせ先までご連絡ください。 United We Careの子育て専門家。 United We Care のウェルネスおよびメンタルヘルス チームが、自己発見と幸福のための最良の方法をご案内します。

参考文献

  1. 「カーリル・ジブラン 1883–1931」、Poets.org、 https://poets.org/poet/kahlil-gibran (2023 年 5 月 22 日にアクセス)。
  2. M. ヴェルマ、「カーリル ジブランの詩が、私がこれまでに得た最高の子育てアドバイスだった理由」ウィメンズ ウェブ: 実践する女性向け、 https://www.womensweb.in/2021/04/kahlil-gibran-poem-parenting -advice-av/ (2023 年 5 月 22 日にアクセス)。
  3. RC アボット、「親が子供を所有しない理由についてのカリル ジブラン」、ミディアム、 https://rcabbott.medium.com/kahlil-gibran-on-why-parents-dont-own-their-children-54061cdda297 (アクセス済み) 2023 年 5 月 22 日)。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
uwc

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority