孤独はもうありません: 社会生活を改善するための簡単なステップ

6月 6, 2023

1 min read

アバター画像
Author : United We Care
孤独はもうありません: 社会生活を改善するための簡単なステップ

序章

「あなたが感じる孤独は、実は他人や自分自身と再びつながる機会なのです。」 – マキシム・ラガセ [1]

孤独とは、有意義な社会的つながりが欠如していると認識されることに起因する、苦痛な感情状態です。社会生活を改善し、孤独と闘うために、個人は地域グループ、クラブ、ボランティア活動などに参加するなど、社会的交流の機会を積極的に探すことができます。オープンなコミュニケーション、共感、共有活動を通じて対面および仮想の関係を構築し育むことは、帰属意識を育み、孤独感を軽減することができます。

孤独の背後にある科学とは何ですか?

孤独は、個人が望ましい社会的関係と実際の社会的関係の間に矛盾を認識したときに生じる複雑な感情状態です。孤独は社会的相互作用の欠如と関連付けられることが多いが、他者に囲まれている場合でも孤独が発生する可能性があることに注意することが重要です (Caciopp o et al., 2018)。 [2]

孤独の背後にある科学には、心理的、社会的、生物学的要因を含む多次元的なアプローチが含まれます。

孤独の背後にある科学とは何ですか?

  1. 心理的要因否定的な自己認識や認知バイアスが孤独感に影響を与える可能性があります。社会的に孤立していると感じている人は、疑わしい社会的状況を敵対的なものとして解釈し、さらなる引きこもりにつながる可能性があります。さらに、孤独はストレスレベルの上昇や否定的な感情を伴うことがよくあります。 (クォーター他、2015) [3]
  2. 社会的要因孤独は、社会的支援ネットワーク、人間関係の質、社会規範など、さまざまな要因の影響を受ける可能性があります。社会的なつながりが弱い人、または親密な人間関係が少ない人は、孤独を経験する傾向が高くなります。社会規範の変化やテクノロジーの進歩は、社会的なつながりにプラスにもマイナスにも影響を及ぼし、孤独の蔓延に影響を与える可能性があります。 (Holt-Lunstad 他、2015) [4]
  3. 生物学的要因孤独は私たちの体と脳の変化に関係しています。研究によると、長期にわたる孤独は、ストレスホルモンのレベルの上昇、炎症、免疫システムの低下に関連していることがわかっています。さらに、孤独は報酬と脅威を処理する脳の能力に影響を与え、社会的危険に対する注意力を高め、社会的報酬に対する感受性を低下させる可能性があります。 (Thisted et al.、2010) [5]

孤独に関する研究では、公衆衛生上の懸念として孤独に対処することの重要性が強調されています。社会的サポートを促進し、人間関係の質を改善し、不適応認知をターゲットにする介入は、孤独感を軽減するのに有望であることが示されています。さらに、帰属意識を育み、コミュニティ内での社会的つながりを強化することは、孤独と戦う上で重要な役割を果たすことができます。 [6]

孤独はどのようにして始まるのでしょうか?

研究によると、孤独感には初期の起源があり、さまざまな要因の影響を受ける可能性があります。

クォーターら。 (2015) は5 歳から 16 歳までの子供の孤独を調査し、若い子供は青少年よりも孤独が低いと報告していることを発見しましたこれは、個人が幼少期から青年期を経るにつれて孤独が増加する可能性があることを示唆しています。 [3]

社会的要因は孤独の進行に重要な役割を果たします。ブコウスキーらによる縦断的研究(2018) は、思春期初期の孤独に対する社会的関係の影響を調査しました。その結果、仲間関係の質、友情の質社会的受容が長期にわたる孤独を有意に予測することが示されました。このことは、思春期初期からの孤独感を軽減する上で、積極的な社会的交流の重要性を強調しています。 [7]

さらに、家族の力学と愛着パターンは、幼少期の孤独に影響を与えます Cassidy と Asher (1992)による研究では、不安定な愛着スタイルを持つ子供たちは、安定した愛着スタイルを持つ子供たちよりも孤独を経験する可能性が高いことが明らかになりました初期の愛着体験が、個人の孤独傾向を形成する可能性があります。 [8]

これらの研究は、孤独は人生の早い段階で現れる可能性があり、社会的関係や愛着パターンの影響を受けることを証明しています。孤独の初期の原因を理解することは、社会的なつながりを促進し、子供や青少年の孤独を防ぐための介入や戦略を知るのに役立ちます

孤独の結果は何ですか?

孤独は、身体的および精神的な健康の両方に影響を与えるさまざまな影響を与える可能性があります。ここに重要な点がいくつかあります 孤独の影響: [9]

孤独の結果は何ですか?

  • メンタルヘルス: 孤独は、うつ病、不安、自尊心の低下などのメンタルヘルス問題のリスク増加と強く関連しています。長期にわたる孤独は、これらの症状の発症または悪化の一因となる可能性があります。
  • 身体的健康: 研究によると、孤独は身体的健康状態の悪化に関連しています。慢性的な孤独は、心血管疾患のリスク増加、免疫機能の低下、炎症レベルの上昇、さらには死亡率の増加と関連しています。
  • 認知機能の低下: 孤独は認知機能の低下を加速させ、認知症やアルツハイマー病などの病気を発症するリスクの増加と関連しています。
  • 社会的断絶: 逆説的ですが、孤独感が持続し社会的引きこもりや有意義な人間関係の形成と維持の困難につながる可能性があります。その結果、さらなる孤立感や他人からの孤立感が生まれる可能性があります。
  • 幸福と人生の満足度の低下:孤独は、全体的な人生の満足度と主観的な幸福に悪影響を及ぼします。それは人生の目的意識や充実感の低下につながる可能性があります。

社会的つながりの促進、メンタルヘルスサポートの促進、全体的な幸福の改善に重点を置いた介入を通じて、孤独の影響に対処し、軽減することが不可欠です

孤独の解決策は何でしょうか?

孤独に対処するには、個人の生活のさまざまな側面を対象とした多面的なアプローチが必要です。孤独感を軽減するのに役立つ重要な戦略と介入をいくつか紹介します: [10]

孤独の解決策は何でしょうか?

  • 社会的サポート ネットワーク: 社会的なつながりを構築し維持することが重要です。クラブ、ボランティア活動、地域グループへの参加など、社会的交流を促進する活動に参加するよう個人を奨励すると、社会的ネットワークを拡大し、孤独感を軽減することができます。
  • 関係の強化:既存の関係の質を高めることが不可欠です。オープンなコミュニケーション、共感、相互支援を奨励することで、より深いつながりを育み、孤独感を和らげることができます。
  • テクノロジーと仮想接続: テクノロジーとオンライン プラットフォームを利用すると、特に地理的または移動性の障壁に直面している個人に、社会的交流の機会を提供できます。バーチャル コミュニティ、ソーシャル メディア、ビデオ通話はギャップを埋め、つながりの感覚を生み出すことができます。
  • メンタルヘルスのサポート: セラピーやカウンセリングを通じて、うつ病や不安症などの根本的なメンタルヘルスの問題に対処することが有益な場合があります。精神保健の専門家は、孤独感を管理するためのサポート、指導、対処方法を提供できます。
  • コミュニティへの参加:コミュニティの活動や取り組みへの参加を奨励することで、帰属意識と社会統合を促進できます。地元のイベント、サポート グループ、コミュニティセンターは、同じような興味や経験を共有する人々とつながる機会を個人に提供します。

これらの戦略と介入を実行することで、個人は積極的に孤独と闘い、有意義な社会的つながりを育み、最終的には全体的な幸福を向上させることができます。

結論

孤独に対処し、社会生活を改善するには、有意義なつながりを構築し維持するための積極的な努力が必要です。個人は、積極的に社会活動に参加し、サポートネットワークを求め、人間関係を育むことで、孤独と闘い、幸福を高めることができますこうしたつながりや帰属意識を通じて、個人は充実感やサポートを見つけ、幸福をより深く理解できるようになります。

気分が落ち込み、誰かに相談する必要がある場合は、専門のカウンセラーにご連絡ください。 United We Care では、ウェルネスとメンタルヘルスの専門家チームが、健康のための最良の方法をご案内します。

参考文献

[1] 「見られていると感じる51の孤独の引用」、リーダーズダイジェスト、2022年2月8日。

[2] JT カシオッポおよび S. カシオッポ、「増大する孤独の問題」、ランセット、vol. 391、いいえ。 10119、p. 426、2018 年 2 月、土井: 10.1016/s0140-6736(18)30142-9。

[3] P. クォーターら。 、「生涯にわたる孤独」、心理科学の展望、vol. 10、いいえ。 2、250–264 ページ、2015 年 3 月、土井: 10.1177/1745691615568999。

[4] J. Holt-Lunstad、TB Smith、M. Baker、T. Harris、および D. Stephenson、「死亡率の危険因子としての孤独と社会的孤立」、心理科学の展望、第 1。 10、いいえ。 2、227–237 ページ、2015 年 3 月、土井: 10.1177/1745691614568352。

[5] LC Hawkley、RA Thisted、CM Masi、および JT Cacioppo、「孤独は血圧上昇を予測します: 中年および高齢者の 5 年間の相互ラグ分析。」、心理学と老化、第 1。 25、いいえ。 1、132–141 ページ、2010 年 3 月、土井: 10.1037/a0017805。

[6] LC Hawkley と JT Cacioppo、「孤独は問題です: 結果とメカニズムの理論的および経験的レビュー」、行動医学年報、第 1 巻。 40、いいえ。 2、pp. 218–227、2010 年 7 月、土井: 10.1007/s12160-010-9210-8。

[7] WM Bukowski、L. Sippola、B. Hoza、および AF Newcomb、「社会測定ノートのページ: 承認、拒絶、および社会的選好の指名および評価尺度の分析」、児童および青少年の発達のための新しい方向、vol. 2000年、いいえ。 88、11–26 ページ、2000 年、土井: 10.1002/cd.23220008804。

[8] J. キャシディと SR アッシャー、「幼児における孤独と仲間関係」、児童発達、vol. 63、いいえ。 2、350–365 ページ、1992 年 4 月、土井: 10.1111/j.1467-8624.1992.tb01632.x。

[9] LA Rico-Uribe、FF Caballero、N. Martín-Maria、M. Cabello、JL Ayuso-Mateos、M. Miret、「孤独と全死因死亡率の関連性: メタ分析」、PLOS ONE 、巻。 13、いいえ。 1、p. e0190033、2018 年 1 月、土井: 10.1371/journal.pone.0190033。

[10] J. Cohen-Mansfield、H. Hazan、Y. Lerman、および V. Shalom、「高齢者の孤独の相関関係と予測子: 定性的洞察に基づいた定量的結果のレビュー」、International Psychogeriatrics、 vol . 28、いいえ。 4、557–576 ページ、2015 年 10 月、土井: 10.1017/s1041610215001532。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority