俳優とメンタルヘルス:課題に対処するための5つの秘訣

5月 24, 2024

1 min read

アバター画像
Author : United We Care
俳優とメンタルヘルス:課題に対処するための5つの秘訣

導入

私は俳優の生活、楽しさ、ドラマ、贅沢さを愛して育ちました。俳優を愛する人はたくさんいます。彼らは常にメディアや友人や家族に囲まれ、パーティーをしたり、さまざまな場所を旅したりしています。それは夢のような生活だと思いませんか?しかし、俳優になるには、多くの苦労、失望、拒絶、献身、そして努力が必要です。

俳優たちの生活を観察すると、観客の要求に応え、業界の基準を維持するために俳優たちが大きなプレッシャーにさらされていることがわかるでしょう。この要求とプレッシャーは、俳優たちがさまざまな精神衛生上の懸念を抱くことにつながります。メーガン・マークル、ドウェイン・ジョンソン、ディーピカー・パードゥコーン、シャー・ルク・カーンは、精神衛生上のサバイバルストーリーをシェアした有名な俳優たちです。

「自分の弱さを認めることは強さの一種だとようやく気づいた。そして、セラピーに行くという選択をすることも強さの一種だ」 – リゾ[1]

俳優のライフスタイルとはどのようなものですか?

俳優は成功の基準と考えられています。しかし、俳優に関しては、目に見える以上のものがあります[2]:

  1. 不規則なスケジュール:俳優の場合、仕事と私生活を両立させるためにスケジュールに従って仕事をしなければならないことがあります。このような不規則なスケジュールは睡眠サイクルを乱し、疲労や倦怠感につながる可能性があります。
  2. 感情的な要求:俳優は、王族、悪役、コメディアンなど、さまざまな役を演じます。キャラクターの感情を可能な限り最高の方法で表現するには、自分の感情や経験を深く掘り下げる必要があります。これは、疲労、憂鬱、不安につながる可能性があります。
  3. 世間の監視:私たちは俳優をとても尊敬しているので、彼らの生活のあらゆる細部を知りたいと思うものです。世間の目にさらされると、見た目も最高で、気分も最高になりたいと思うようになります。こうした課題は、自信喪失、ボディイメージ、自信の問題につながる可能性があります。
  4. 経済的不安定:俳優が素晴らしい映画や仕事を得るには何年もかかることがあります。長い待ち時間により、経済的な問題を感じることがあります。成功した後でも、生活を維持するためにお金を使う必要があるかもしれません。俳優は主にプロジェクトごとに仕事をするため、不規則な収入は経済的なストレスや不安を引き起こす可能性があります。

ライフスタイルは俳優の精神的健康にどのような影響を与えるのでしょうか?

俳優の生活に対する世間の関心と基準を維持する必要性は、俳優の精神的健康に大きな影響を与える可能性があります[3]。

ライフスタイルは俳優の精神的健康にどのような影響を与えるのでしょうか?

  1. 不安やうつ病のリスク増加:不確実性と絶え間ない世間の監視により、俳優はメンタルヘルスの問題に陥りやすくなります。世界中で俳優の 71% が不安に、69% がうつ病に悩まされています。
  2. 感情的消耗:俳優は深い感情を表現し、強烈なキャラクターを演じることが求められます。そうすることで、俳優は疲れ果て、疲労困憊してしまうことがあります。多くの俳優は燃え尽き症候群に陥り、感情をコントロールするのが困難になることもあります。
  3. 自尊心とボディイメージの問題:俳優は見た目、話し方、歩き方、服装で判断されます。俳優が一定の美と社会の基準を満たしている場合、私たちは彼らをより尊敬します。これらの基準を満たすための絶え間ないプレッシャーは、自尊心とボディイメージの問題を引き起こします。彼らは不十分だと感じ、摂食障害を発症する可能性があります。
  4. 薬物乱用と依存症:芸能界の一員として、俳優たちは周囲に溶け込むために飲酒、喫煙、さらには薬物にまで手を染めます。一定期間が経つと、周囲に溶け込みたいという欲求から、俳優たちはこれらの物質に依存するようになり、ストレスや鬱に対処するために俳優の 36% が薬物を使用し、27% がアルコールを使用しています。
  5. 孤立と孤独:成功は簡単には得られません。より多くの仕事を得て、業界で長く活躍し続けるためには、俳優は常に動き回っていなければなりません。不規則な勤務時間、絶え間ない移動、そして競争により、俳優は孤立感や孤独感を感じることがあります。

続きを読む – メンタルヘルスの問題の一端を担うハリウッドのダークサイドを探る

俳優はいつメンタルヘルスに気を配る必要があるのでしょうか?

すべての人は常にメンタルヘルスを優先すべきです。しかし、俳優にとっては、より重点を置く必要がある特定の時期があります[4]。

  1. プリプロダクション中:映画の制作が始まる前に、俳優はオーディション、脚本のナレーション、リハーサル、役作りをしなければならない場合があります。このプロセスは非常にストレスがかかり、不安を引き起こす可能性があるため、俳優はスケジュールにセルフケアのルーチンを組み込む必要があります。
  2. 撮影現場では、映画の撮影は長時間労働と激しい感情表現を意味し、俳優の精神に影響を与えます。これを避けるために、俳優は分離技術やリラクゼーション技術を学び、境界線を維持し、専門家のサポートを求めることができます。
  3. プロジェクト終了後:俳優の中には連続してプロジェクトを抱えている人もいますが、次の映画出演先を見つけるのに時間を要する人もいます。1 つのプロジェクトが終了すると、人生に空虚感や虚しさを感じることがあります。セルフケアを実践し、サポートを求めることで、この空虚感を克服することができます。
  4. キャリアの転換期:俳優の人生は、まさに冒険です。失業から大画面からテレビへ、言語から言語へ、ジャンルからジャンルへ、彼らの人生はジェットコースターのようなものです。これらの転換期は、ストレスと不安を増大させる可能性があります。そのようなとき、俳優は助けを求め、セルフケアを実践する必要があります。

俳優はどのようにして心の健康を維持できるのでしょうか?

私たちの幸福感は、良好な心身の健康から生まれます。この幸福感は俳優にとって非常に重要です[5]。

俳優は心の健康をどうケアできるか

  1. セルフケアの実践:俳優はセルフケアに取り組む必要があります。身体の健康と美容だけでなく、健康的な人間関係を築き、定期的に運動し、十分な睡眠を取り、健康的な食事をし、俳優のストレスを軽減できる趣味に没頭する時間を見つける必要があります。
  2. 専門家のサポートを求める:すべてを自分だけで行う必要はありません。自分がやっていることが正しいかどうかさえわからない場合もあります。心理学者は、プレッシャーや課題に対処するスキルを身につけるお手伝いをしてくれます。
  3. 境界線を確立する:何かがうまくいかない場合は、「ノー」と言うことを学びましょう。これは、設定する方法を学ぶ必要がある境界線の 1 つです。仕事の合間に数時間、家族や友人とリラックスして過ごしましょう。
  4. サポート ネットワークの構築:業界で孤独だと感じるのは簡単ですが、そうではないことを覚えておく必要があります。身近な人と気軽に経験を共有し、アドバイスを受けましょう。
  5. マインドフルネスとストレス軽減テクニック:常に、自分を落ち着かせ、自分自身とつながる方法を学ぶ必要があります。マインドフルネス瞑想、深呼吸の練習、ストレス軽減テクニックは、俳優が不安やうつ病の症状を管理するのに役立ちます。

続きを読む – メンタルヘルスとウェルビーイングのためのセルフケアの 5 つのメリット

結論

俳優の生活は厳しく、精神衛生上の問題を抱えやすいです。ショービジネスは要求が厳しい場合があります。プロデューサーから監督、観客まで、俳優は特定の方法で行動する必要があります。これらの要求は感情的および心理的な課題を引き起こし、俳優の全体的な健康に影響を与える可能性があります。対処法として、彼らは境界線を設定し、率直な会話を促進し、専門家の助けを求め、仕事の合間に休憩を義務付けなければなりません。そうすることで、彼らはより充実し、より健康で、成功した人生を送ることができます。

俳優でメンタルヘルスの支援を求めている方は、当社の専門カウンセラーにご相談いただくか、United We Care でさらに多くのコンテンツをご覧ください。United We Careでは、健康とメンタルヘルスの専門家チームが、あなたの健康に最適な方法をご案内します。

参考文献

[1] D. Team、「15人の有名人がメンタルヘルスに関する名言を語る」、 DiveThru 、2020年6月11日。https ://divethru.com/celebrities-and-mental-health/ [2] 「俳優としての生活はどんな感じ?キャリア、お金、家族」、 Financial Samurai 、2020年6月10日。https://www.financialsamurai.com/whats-life-like-as-an-actor/ [3] J. Kuuskoski、「音楽で病気になることはある?音楽的野心の代償を測る by Sally Anne Gross、George Musgrave」、 Artivate 、2021年10巻2号、doi:10.1353/artv.2021.0012。 [4] M. Seton、「俳優のメンタルヘルス| [5] D. Jack、AM Gerolamo、D . Frederick、A. Szajna、J. Muccitelli、「訓練を受けた俳優を使用してメンタルヘルス看護ケアをモデル化する」、Clinical Simulation in Nursing 、vol. 10、no. 10、pp. 515–520、2014年10月、doi:10.1016/j.ecns.2014.06.003。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority