マインドフルネス:究極の至福の秘密を解き明かす

4月 24, 2024

2 min read

アバター画像
Author : United We Care
マインドフルネス:究極の至福の秘密を解き明かす

導入

近年、マインドフルネスは生活の質を向上させる人気の方法となっています。この記事では、マインドフルネスを学び、生活に取り入れる方法について説明します。この記事では、マインドフルネスと、United We Care プラットフォーム [1] でそのメリットを享受する方法について説明します。United We Care は、人々がこのテクニックを理解し、実践できるように、5 週間のマインドフルネス コースを提供しています。

マインドフルネスとは何ですか?

マインドフルネスとは、自分の内面を深く認識し、判断せずに自分を受け入れることを学ぶことです。この貴重なスキルは、継続的に実践することで、身体的にも精神的にも大きなメリットをもたらします。マインドフルネスの実践は仏教とヒンズー教に由来し、仏教哲学の中心的な教えの1つです。研究者のカバットジンは、マインドフルネスについて広範囲に執筆しています。彼はさらに、マインドフルネスは思いやりと愛情のある注意深さの一種であり、現在の瞬間に興味を示す社会的存在のようなものだと述べています[2]。マインドフルネスと瞑想という言葉は、現代世界では同じ意味で使用されています。しかし、マインドフルネスは現在に注意を向けることに関係しているのに対し、瞑想にはじっと座ったり、視覚化を行うなど、他の側面が含まれることがよくあります。マインドフルネスは「受け入れながら現在の瞬間を認識すること」です[3]。この瞬間瞬間の持続的な認識の状態は、特に感情的な混乱の時期には、自分自身を養うのが困難です。幸いなことに、これは誰でも練習すれば身に付けられるスキルです[3]。 マインドフルネスのメリットについて詳しく知る

マインドフルネスの科学とは何ですか?

「マインドフルネス」は、現在、多くの心理的および身体的疾患の治療に介入として使用されています。これらの介入の有効性は、なぜそれが機能するのかという疑問を抱く多くの研究を引き付けています。研究者は、実施された研究で、マインドフルネスが人の現在の状態と特性に影響を与えることを指摘しています。マインドフルネスは、実践している人のフォームに変化を引き起こし、脳の活動方法に影響を与えることが知られています。さらに、定期的な実践は、その人の性格や特性に違いをもたらす可能性があります[4]。マインドフルネスは、人の心とパターンと脳の両方に影響を与えます。 瞑想の悪影響についてさらに読む

マインドフルネスが人の心に与える影響

心理学者は、人の心配、ストレス、侵入思考、習慣的な対処の根底には自動思考や行動があることを認識しています。マインドフルネスは、これとは反対の心の状態、つまり「目的を持った」意識的な状態を引き起こします [5]。こうすることで、人は衝動的に行動することなく、自分の経験を観察することができます。マインドフルネスはまた、個人が自分の内面的な経験(ストレスや不安などの内面的な経験)に対して、より客観的で柔軟で非反応的なアプローチを発達させるのを助け [6]、それによってその人の感情の調整と対処能力が向上します。

マインドフルネスが人の脳に与える影響

生理学の観点では、研究では脳波や機能的MRIなどの神経画像診断法を用いてマインドフルネスの効果に注目してきました。注意力、認知制御、身体感覚を司る脳領域の活動が増加しています[5]。記憶、学習、感情管理、視点の取得、自己に関する情報処理を司る領域でも変化が観察されています[7]。

マインドフルネスの影響は何ですか?

マインドフルネスの影響は何ですか?マインドフルネスの実践は、身体的にも精神的にも大きな影響を及ぼします。そのメリットには次のようなものがあります。

  • ストレスの軽減[8] [9]
  • うつ病や不安の症状の軽減[9]
  • 感情制御能力の向上(つまり、自分の感情を管理する能力)[10]
  • 対人関係の改善[10]
  • 仕事に関連する精神的疲労の軽減と仕事満足度の向上[11]
  • 脳機能と免疫システムの進歩 [12]
  • 炎症の軽減は、いくつかの疾患の進行や老年期の死亡率と関連している[13]。
  • 睡眠の改善[14]
  • 慢性疼痛の軽減[15]
  • 全体的な生活の質の向上[15]

マインドフルネスを実践することで、生活の質を高め、多くの身体的または感情的な問題に対処することができます。

マインドフルネスを始めるには?

マインドフルネスを始めるには?マインドフルネスの利点については上で詳しく説明しましたが、実践は、特に始めたばかりの人にとっては難しい場合があります。そのため、マインドフルネスの旅を始める際には、指導者となる師匠や専門家の存在が不可欠になります。United We Care プラットフォームでは、マインドフルネスの実践を始めたい人向けに 5 週間のマインドフルネス コース [1] を提供しています。この包括的なアプローチは、実践者に次のようなメリットをもたらします。

  1. マインドフルネスとは何か、瞑想とどう違うのかを理解する
  2. 日常生活でマインドフルネスを活用するためのツールとテクニックを見つける
  3. マインドフルネスを通してポジティブさを視覚化する方法を学ぶ
  4. 自分の「内なる風景」を探求する方法を学ぶ。
  5. 「感覚統合」の実践で落ち着きとリラックスを実現する
  6. そして、日々の出来事に対処する際の意識と忍耐力を高めます。

このコースは、ビデオとガイド付きオーディオエクササイズを使用して提供されます。マインドフルネスを始めるには、United We Careに登録し、練習専用の時間と場所を見つけるだけです。スマートフォンアプリがマインドフルネスにどのように役立つかについて詳しく学びましょう

マインドフルネスを生活の一部にするにはどうすればいいでしょうか?

マインドフルネスを生活の一部にするにはどうすればいいでしょうか?最初のステップは、個人がマインドフルネスを日常生活に取り入れる方法を学ぶことです。このスキルを身につけたら、毎日専用の時間と場所を見つけることで継続的な実践を確立できます。また、スキルとともにマインドフルネスの姿勢を養うことに焦点を当てることもできます。カバットジンは、毎日注意しなければならない7つの属性のリストを提案しました[5]。これには以下が含まれます。

  1. 自分の経験について偏見を持たないこと
  2. 忍耐強く、物事が彼らのペースで進むのを待つ
  3. 新しい可能性を受け入れる初心を持つこと
  4. 自分自身と感情への信頼を育む
  5. 特定の方法や感情を目指さない状態を作り出す
  6. すべてを現状のまま受け入れる
  7. 物事が「こうあるべき」という古い考えを捨てる。

マインドフルネスの姿勢があれば、人生のほとんどの状況でマインドフルであることを思い出しやすくなり、それによって人生における満足度が高まります。

結論

マインドフルネスは、現時点ではまったく偏見がなく、ますます人気が高まっています。マインドフルネスのスキルを身につけると、個人はさまざまな身体的および心理的メリットを実感できます。したがって、United We Care が提供するような、マインドフルネスの説明に役立つ体系化されたコースから始める必要があります。

参考文献

  1. 適切な専門家を見つけましょう – United We Care。[オンライン]。入手先: https://my.unitedwecare.com/course/details/get-started-with-mindfulness#down-here 。[アクセス日:2023年4月10日]。
  2. J. カバットジン、「マインドフルネスに基づく介入の文脈:過去、現在、そして未来」、臨床心理学:科学と実践、第 10 巻、第 2 号、pp. 144–156、2003 年。https ://onlinelibrary.wiley.com/doi/pdf/10.1093/clipsy.bpg016
  3. F. ディドンナ、RD シーゲル、A. オレンズキ、CK ガーマー、「マインドフルネスとは何か?どこから来たのか?」『マインドフルネス臨床ハンドブック』ニューヨーク、NY:シュプリンガー、2009 年、17~35 ページ。https ://www.researchgat e.net/profile/Linda-Carlson-2/publication/225192315_Mindfulness-Based_Interventions_in_Oncology/links/0912f50805be2495ff000000/Mindfulness-Based-Interventions-in-Oncology.pdf#page=47
  4. Y.-Y. タン、「マインドフルネス瞑想における特性と状態」、マインドフルネス瞑想の神経科学、pp. 29–34、2017年。https ://www.nature.com/articles/nrn.2015.7
  5. A. Grecucci、E. Pappaianni、R. Siugzdaite、A. Theuninck、R. Job、「マインドフルな感情制御:マインドフルネスの背後にある神経認知メカニズムの探究」、BioMed Research International、vol. 2015、pp. 1–9、2015 年。https://www.hindawi.com/journals/bmri/2015/670724/
  6. AM Christie、PW Atkins、JN Donald、「マインドフルネスの意味と実践:マインドフルネスと幸福の関係における価値観の役割」、Mindfulness、第8巻、第2号、368〜378ページ、2016年。
  7. BK Hölzel、J. Carmody、M. Vangel、C. Congleton、SM Yerramsetti、T. Gard、SW Lazar、「マインドフルネスの実践は脳の灰白質密度の増加につながる」、Psychiatry Research: Neuroimaging、vol. 191、no. 1、pp. 36–43、2011 年。https ://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3004979/
  8. A. Chiesa および A. Serretti、「健康な人のストレス管理のためのマインドフルネスに基づくストレス軽減:レビューとメタ分析」、代替および補完医療ジャーナル、第 15 巻、第 5 号、pp. 593–600、2009 年。https ://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK77489/
  9. I. シュライナーと JP マルコム、「マインドフルネス瞑想の利点: うつ病、不安、ストレスの感情状態の変化」、Behavior Change、第 25 巻、第 3 号、156 ~ 168 ページ、2008 年。https ://www.habitualroots.com/uploads/1/2/1/3/121341739/the_benefits_of_mindfulness_meditation_changes_in__1.pdf
  10. DM デイビスと JA ヘイズ、「マインドフルネスの利点とは? 心理療法関連研究の実践レビュー」心理療法、第 48 巻、第 2 号、198 ~ 208 ページ、2011 年。https://citeseerx.ist.psu.edu/document ?repid=rep1&type=pdf&doi=401c8aec24840da83edb646757795a9c6945509a
  11. UR Hülsheger、HJ Alberts、A. Feinholdt、JW Lang、「職場でのマインドフルネスの利点:感情の調整、感情的消耗、仕事の満足度におけるマインドフルネスの役割」、応用心理学ジャーナル、第98巻第2号、310~325ページ、2013年。
  12. RJ デイビッドソンと J. カバットジン、「マインドフルネス瞑想による脳と免疫機能の変化: 3 つの注意点: 反応」、心身医学、第 66 巻、第 1 号、149 ~ 152 ページ、2004 年。http ://www.drmccall.com/uploads/2/2/6/5/22658464/alterations_in_brain_and_immune_function_produced_by_mindfulness_meditation.pdf
  13. JD Creswell、MR Irwin、LJ Burklund、MD Lieberman、JMG Arevalo、J. Ma、EC Breen、SW Cole、「マインドフルネスに基づくストレス軽減トレーニングは、高齢者の孤独感と炎症誘発性遺伝子発現を軽減する:小規模ランダム化比較試験」、Brain, Behavior, and Immunity、第26巻、第7号、pp. 1095–1101、2012年。https ://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3635809/
  14. DS Black、GA O’Reilly、R. Olmstead、EC Breen、MR Irwin、「睡眠障害のある高齢者におけるマインドフルネス瞑想と睡眠の質および日中の障害の改善」、JAMA Internal Medicine、第175巻、第4号、494ページ、2015年。
  15. L. Hilton、S. Hempel、BA Ewing、E. Apaydin、L. Xenakis、S. Newberry、B. Colaiaco、AR Maher、RM Shanman、ME Sorbero、MA Maglione、「慢性疼痛に対するマインドフルネス瞑想:系統的レビューとメタ分析」、Annals of Behavioral Medicine、vol. 51、no. 2、pp. 199–213、2016年。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority