消防士:誰もが消防士のメンタルヘルスについて知っておくべき

5月 24, 2024

1 min read

アバター画像
Author : United We Care
消防士:誰もが消防士のメンタルヘルスについて知っておくべき

導入

消防士は、命と財産を守るために燃えている建物に恐れることなく突入する勇敢な男女です。彼らの英雄的な行為は称賛に値しますが、彼らが直面するメンタルヘルスの課題を認識することが重要です。彼らの仕事の過酷な性質、トラウマとなる出来事への暴露、ストレスの蓄積は、彼らの精神的健康に重大な影響を与える可能性があります。この記事では、消防士のメンタルヘルスの懸念について検討し、これらの問題に対処し、サポートを提供することの重要性を明らかにします。

消防士の精神衛生上の問題の原因は何ですか?

消防士は、潜在的にトラウマになる可能性のある危険な状況に身を置く必要がある、ストレスの高い職業です。それだけでなく、仕事の性質上、要求が厳しく、職場文化が消防士をサポートするのに十分でない場合があります。消防士がメンタルヘルスの問題に直面する最も一般的な理由は次のとおりです。 消防士の精神衛生上の問題の原因は何ですか?トラウマとなる出来事への繰り返しの暴露消防士は、心理的に大きな影響を与えるトラウマとなる出来事や重大な事件に頻繁に遭遇します。これらの出来事には、死、重傷、または同僚や民間人の喪失を目撃することが含まれる場合があります [1] [2] [3]。このようなトラウマとなる出来事にさらされると、うつ病、不安、または薬物乱用などの症状とともにPTSDを発症する可能性が高くなります [4]。職業上のストレス要因脅威的な状況にさらされることとは別に、消防士は、負傷のリスクがある作業、24時間続く長時間シフト、休憩時間から緊急対応への突然の移行、不安定で不慣れな環境での作業など、危険な作業活動に従事しています [2] [3]。これは、高い身体的および精神的健康リスクにつながる可能性があります。危険物質への暴露消防士の仕事は、有害な化学物質にさらされるリスクを伴います。最近の研究では、すすなどの火災の排出物への長期暴露と精神的健康問題の報告との間に関連性があることが立証されています [5]。この研究では、PPEキットを長時間着用していたり、火災後に煙の臭いや体に煤が付着しているなど、火災の痕跡を感じていたりした人は、精神障害を報告する可能性が高いことも判明しました[5]。睡眠障害消防士は交代勤務で緊急事態に対応する必要があるため、睡眠障害を報告していることが多いです[5]。睡眠不足は精神衛生だけでなくパフォーマンスにも影響し、反応時間が短くなることで消防士の安全を脅かす可能性があります。さらに、慢性的な睡眠障害は、免疫系、心臓血管の健康、胃腸の健康に悪影響を及ぼす可能性があります[5]。文化におけるスティグマ精神衛生を取り巻くスティグマは、消防士が助けやサポートを求める際の大きな障壁となっています。第一対応者は、職業上、強靭さ、回復力、自立心を優先し、弱く見えることを恐れることが多いため、多くの消防士は助けを求めません[3] [4]。消防士は危険な状況に直面し、重要な救助活動にも責任を負っています。上記の要因を考慮すると、彼らは精神衛生上の問題を発症するリスクが高いと言えます。

消防士の精神衛生上の問題の症状は何ですか?

前述のように、消防士は仕事のストレスや予測不可能な性質から、精神疾患を発症する重大なリスクにさらされています。多くの研究がこの関係を裏付けています。消防士によく見られる精神疾患には次のようなものがあります [2] [4] [6] [7] [8] [9]。

  • 心的外傷後ストレス障害
  • うつ病(特に大うつ病性障害)
  • 不安障害
  • 睡眠障害
  • 自殺願望、計画、試み
  • 自殺を目的としない自傷行為
  • 慢性疲労
  • 燃え尽き症候群
  • 心理的苦痛
  • アルコール依存症
  • ギャンブル

消防士は、上記のメンタルヘルスの懸念に加えて、心血管疾患や筋骨格系、神経系、呼吸器系の問題のリスクも高くなっています [4]。さらに、研究者は、出席した致命的なイベントの数とPTSD、うつ病、飲酒率との間に有意な関係があることを発見しました [6]。災害の深刻さと被災期間とPTSDおよびうつ病の発症との間にも関連があります [8]。したがって、勤務期間が長くなるにつれて、上記の障害や慢性疲労のリスクが高まります [2]。退職した専門家は、現役の専門家よりも多くの症状を報告しています [6]。この記事を読む – 急性ストレス障害のガイド

精神衛生上の問題を抱える消防士を助けるために何ができるでしょうか?

消防士の職業がメンタルヘルスに与える影響は懸念すべき重大なものです。一部の国では、クリティカルインシデントストレスデブリーフィングなどの介入を通じてこの影響を軽減するための変更が行われていますが、その成功の決定的な証拠はありません[10]。ただし、個人レベルでの悪影響を最小限に抑えるために、個人が特定の手順を踏むことは可能です。これには次のものが含まれます。 精神衛生上の問題を抱える消防士を助けるために何ができるでしょうか?仕事の影響を認識する多くの専門家は、うつ病、不安、PTSDなどの障害の兆候や症状を単なるストレスとして無視することがあります。したがって、消防士は仕事が心身に与える影響とその影響がどのようなものかを認識する必要があります。認識は、偏見を克服し、タイムリーな行動をとるのに役立ちます。社会的支援を強化する社会的支援は、心身への有害事象の影響を大幅に軽減できる重要なツールです。研究者は、サポートが少ない消防士は落ち込んだり、心的外傷性ストレスを経験したりする可能性が高くなることを発見しました[11]。また、同僚と仕事やストレスについて話す時間を持つ消防士は、メンタルヘルスの問題が少ない[12]。レクリエーションとリラクゼーション仕事以外の活動に従事して、リラックス、休息、レクリエーションに役立つことは、消防士にとって有益です[12] [13]。これらの活動には、趣味、瞑想、読書、休暇、家族と過ごす時間が含まれます。 マインドフルネスについてもっと知る

オンラインリソースへの即時アクセス

多くの組織が、消防士の支援へのアクセスを改善するために積極的に取り組んでいます。たとえば、「コードグリーンプログラム」[14]や「負荷を分担する」プログラム[15]などのイニシアチブでは、消防士を支援するためのリソースとヘルプラインをまとめています。また、これらの懸念や緊急ヘルプラインを管理するためのトレーニングと情報も提供しています。これらのサービスにすぐにアクセスできれば、苦悩する時間を短縮できます。カウンセリングを受ける自助だけでは十分でない場合があります。特に消防士がPTSD、うつ病、不安に苦しんでいる場合、または自殺や自傷行為を繰り返し考えている場合は、専門家の助けを求めることが不可欠です。カウンセリングは、これらの症状を管理し、前向きな対処戦略を開発するのに役立ちます。 続きを読む-United We Careで、最高のPTSD治療を見つけ、回復を成功させる秘訣を学びましょう

結論

消防士のメンタルヘルスは、政策レベルと個人レベルの両方で介入を必要とする重要な側面です。消防士は職務中に大きなストレスやトラウマ的な経験に直面し、メンタルヘルスの問題のリスクが高まります。個人レベルでは、社会的支援、リラクゼーション活動、リソースへのアクセス、カウンセリングが、消防士が職務の影響に対処するのに役立ちます。消防士である場合、またはメンタルヘルスの問題に苦しんでいる人を知っている場合は、 United We Careの専門家に連絡してください。United We Care のチームは、あなたの全体的な健康のために最高のリソースを提供することに尽力しています。

参考文献

  1. CC ジョンソン他「消防士集団のメンタルヘルス治療の強化:消防文化、治療障壁、実践への影響、研究の方向性を理解する」プロフェッショナル心理学:研究と実践、第 51 巻、第 3 号、304 ~ 311 ページ、2020 年。doi:10.1037/pro0000266
  2. V. Vargas de Barros、LF Martins、R. Saitz、RR Bastos、TM Ronzani、「消防士のメンタルヘルス状態、個人および職務特性、睡眠障害」、Journal of Health Psychology、vol. 18、no. 3、pp. 350–358、2012年。doi:10.1177/1359105312443402
  3. JC MacDermid、M. Lomotan、MA Hu、「カナダの職業消防士のメンタルヘルスへの影響と優先事項」、国際環境研究公衆衛生ジャーナル、第18巻、第23号、p. 12666、2021年。doi:10.3390/ijerph182312666
  4. KE クリムリー、VB ヴァン ハッセルト、AM ストリップリング、「警察、消防士、緊急ディスパッチャーの心的外傷後ストレス障害」、攻撃性と暴力的行動、第 43 巻、33 ~ 44 ページ、2018 年。doi:10.1016/j.avb.2018.08.005
  5. TA Wolffe、A. Robinson、A. Clinton、L. Turrell、AA Stec、「英国の消防士のメンタルヘルス」、Scientific Reports、第13巻、第1号、2023年。doi:10.1038/s41598-022-24834-x
  6. SB ハーベイ他「消防士のメンタルヘルス:反復的なトラウマ体験の影響の調査」オーストラリア・ニュージーランド精神医学ジャーナル、第50巻、第7号、649~658頁、2015年。doi:10.1177/0004867415615217
  7. S. Cowlishaw 他「消防士のギャンブル問題の蔓延と影響」Addictive Behaviors、第 105 巻、p. 106326、2020 年。doi:10.1016/j.addbeh.2020.106326
  8. SL Wagner 他「大規模災害後の消防士の精神障害」災害医学と公衆衛生準備、第 15 巻、第 4 号、pp. 504–517、2020 年。doi:10.1017/dmp.2020.61
  9. IH スタンレー、MA ホム、CR ハーガン、TE ジョイナー、「消防士のキャリアにおける自殺願望と自殺行動の有病率と相関関係」、Journal of Affective Disorders、第 187 巻、pp. 163–171、2015 年。doi:10.1016/j.jad.2015.08.007
  10. MB Harris、M. Baloğlu、JR Stacks、「トラウマを経験した消防士のメンタルヘルスと重大な事件のストレスのデブリーフィング」、Journal of Loss and Trauma、第7巻、第3号、pp. 223–238、2002年。doi:10.1080/10811440290057639
  11. C. レゲール、J. ヒル、T. ノット、B. ソール、「新人消防士と経験豊富な消防士の社会的支援、自己効力感、トラウマ」、ストレスと健康、第 19 巻、第 4 号、189 ~ 193 ページ、2003 年。doi:10.1002/smi.974
  12. G. Sawhney、KS Jennings、TW Britt、MT Sliter、「職業上のストレスとメンタルヘルスの症状:消防士の職場復帰戦略の緩和効果の検討」、職業健康心理学ジャーナル、第23巻、第3号、pp. 443–456、2018年。doi:10.1037/ocp0000091
  13. 実装ツールキット – 全米ボランティア消防協議会、https://www.nvfc.org/wp-content/uploads/2021/01/PHFD-Implementation-Toolkit.pdf(2023年6月3日にアクセス)。
  14. 「ヘルプとリソース」、コードグリーンキャンペーン、 https://www.codegreencampaign.org/resources/ (2023年6月3日アクセス)。
  15. 「負担を分かち合おう」全米ボランティア消防協議会、 https://www.nvfc.org/programs/share-the-load-program/ (2023年6月3日アクセス)。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority