妊娠中のヨガは他の種類の運動よりも優れていますか?

12月 28, 2022

1 min read

序章

妊娠中は、母親の健康を期待し、赤ちゃんを育て、出産に備えて体を整えるために、身体を活発に保つことが不可欠です。妊娠中のトレーニングレジームは、穏やかで影響が少ない必要があります。妊娠中のヨガは、体と心の両方を完全に調和させることにより、妊娠中に身体に生じる身体的および感情的な変化に特に対応します。

妊娠中のヨガが他の種類の運動よりも優れているのはなぜですか?

妊娠中のヨガは、他の種類の運動のように精力的ではありません。それは穏やかな形のトレーニングであり、まさに妊娠中の必要性です。さらに、妊娠中のヨガは、妊娠中に注意が必要な特定の問題や体の部分に対処します。それは簡単な出産の基礎を築きます。

初心者のための妊娠ヨガ

妊娠中のヨガは、妊娠のデリケートな段階で最も安全な運動です。これまでにヨガを練習したことがない場合でも、妊娠中にヨガを始めることができますが、始める前に医師やヨガインストラクターと話し合うことが重要です。ほとんどの婦人科医は、妊娠後期からヨガの練習を始めることを勧めています。最初の学期の間、あなたは妊娠の最初の3ヶ月のそれらの流産の間、細心の注意を払います。ヨガが流産を引き起こす可能性があることを示唆する証拠があるという意味ではありません。ヨガインストラクターの指導の下、最初の学期に穏やかなストレッチと呼吸のエクササイズを行うことを選択できます。赤ちゃんを圧迫したり押しつぶしたりする可能性のあるヨガのポーズは避けてください。ヨガのポーズをしているときに痛みや不快感を感じたら、すぐに止めてください。

妊娠中のヨガのポーズ

最高の妊娠ヨガのポーズのいくつかを見てみましょう:

  1. Cobbposessポーズは、妊婦の定番のヨガポーズです。この姿勢は、外転筋(太ももの内側)を伸ばすのに役立ちます。呼吸に集中します。長く深い呼吸をしてから放します。それはあなたの心を落ち着かせます。
  2. 猫/牛のポーズ:このポーズは特に腰痛に効果的です。このポーズは、お腹がぶら下がっている間に背骨を伸ばし、緊張を和らげます。この姿勢は、出産を容易にするために赤ちゃんの位置を最適化するのにも役立ちます。
  3. 女神のポーズ:この足の広いスクワットポーズは、脚と骨盤の筋肉を強化し、腰を開きます。これらはすべて、出産時に役立ちます。
  4. テーブルポーズのバランスをとる:四つん這いで快適に体を動かします。次に、左腕を前に伸ばしながら、右足を後ろに伸ばします。 3〜5回息を止めます。交互の端を使用して繰り返します。このポーズは、陣痛中に重要な役割を果たす腹部の筋肉を強化します。

妊娠中のヨガのクラス

妊娠中のヨガのクラスはますます人気が高まっており、それには正当な理由があります!これらのクラスは、運動する意欲を維持すると同時に、他の妊娠中の女性と絆を深め、お互いの経験を共有し、学ぶための優れた方法です。出生前のヨガのクラスは、ウォーミングアップセッションから始まります。次に、深呼吸と呼気をしながら呼吸に集中するための呼吸法を学びます。これらの呼吸法は、息切れを減らし、陣痛の過程で助けになるのに役立ちます。背中の筋肉、腹部、太もも、骨盤の筋肉を伸ばして強化するためのヨガのポーズを学ぶ必要があります。これにより、出産時の耐久性が高まり、妊娠中のさまざまな痛みや痛みから解放されます。ほとんどの妊娠中のヨガのクラスには、ヨガのポーズを支援するために、十分なクッション、ソフトロール、サポートベルトなどが装備されています。最後に、クラスはあなたの心を和らげ、あなたの神経をリラックスさせそしてあなたがリラックスするのを助けるリラクゼーションと瞑想の操作で終わります!妊娠中のヨガは、出産後に元の状態に戻るのにも役立ちます。

妊娠ヨガのメリット

研究により、妊娠中の女性に対する出生前のヨガのプラスの効果が確立されています。ヨガは妊娠中の体をより柔軟で丈夫にし、痛みや痛みを和らげ、陣痛や出産の際の持久力を高めます。最近、研究者たちは、出生前のヨガが子癇前症の胎児の心臓への悪影響を制限できることを示しました。以下にリストされているのは妊娠ヨガのいくつかの利点です:

  1. ヨガのポーズは、変化する体、特に下半身をサポートして、成長する腹を維持するのに役立ちます。
  2. 出生前のヨガは、骨盤、腹部、股関節、太ももの筋肉の調子を整え、脊椎の筋肉を強化して腰痛を最小限に抑え、出産を助ける柔軟性を高めます。
  3. 出生前のヨガは睡眠を改善し、吐き気を助け、息切れを和らげます。
  4. 妊娠中のヨガのクラスで学ぶ、深く心のこもった呼吸のヨガの方法は、陣痛や出産の際にリラックスしてリラックスするのに役立ちます。
  5. ヨガのクラスは、同じ身体的および感情的な変化を経験している他の妊婦と絆を結ぶためのサポートグループとしても機能します。

妊娠中のヨガのための適切なトレーニング計画

トレーニングプランを開始する前に、最初に行う必要があるのは、医師の承認を得ることです。高血圧や背中の問題などの特定の病状に苦しんでいる場合は、出生前のヨガに適した候補ではない可能性があります。ヨガのトレーニングをカスタマイズしてください。理想的には、妊娠中の女性には少なくとも週5日30分の身体活動が推奨されます。それでも、より短く、より少ないトレーニング計画が役立つので、あなたの体が快適に耐えることができる限りそれをしてください。トリメスターの賢明な計画:妊娠が進むにつれて、トレーニングはそれほど激しくならないはずです。

  1. 妊娠初期:つわりと倦怠感が妊娠初期に予想される場合があるため、穏やかなヨガのポーズのみを行います。呼吸法は有益です。
  2. 妊娠後期:この期間中は、腹のポーズや鋭い動きやねじれを避けてください。
  3. 第3トリメスター:第3トリメスターでは、残高が偏心している可能性があります。お腹のサイズが大きくなるため、この間、ヨガのポーズはヒップの開口部に焦点を当てる必要があります。仰向けになることは避けてください。安全と快適さのためにクッションとロールのサポートを受けてください。

結論

妊娠中のヨガはあなたの体、心、精神に優れています。専門家によると、出生前のヨガは呼吸の問題を解決し、腰痛や坐骨神経痛を和らげ、睡眠の質と自信を向上させるのに役立ちます。ヨガは妊娠中の痛みを避けるための優れた方法であり、体を落ち着かせるための深呼吸法が含まれます。これはこの時期に非常に役立ちます。妊娠中の心臓血管の健康を改善します。ヨガのポーズを練習することで、定期的に赤ちゃんの位置を最適化し、標準的で単純な出産の可能性を高めます。妊娠中に定期的にヨガを行う女性は、体がより引き締まり、柔軟になるため、出産後の体調を整えやすくなります。ウォーキング、水泳、エアロバイクは、妊娠中に優れた安全であると考えられている他の軽い運動です。お近くの最高の妊娠ヨガクラスに登録して、母性へのこの美しい旅をお楽しみください!ヨガに関するより有益なブログについては、 www.unitedwecare.comをご覧ください。

Overcoming fear of failure through Art Therapy​

Ever felt scared of giving a presentation because you feared you might not be able to impress the audience?

 

Make your child listen to you.

Online Group Session
Limited Seats Available!