空飛ぶ冒険アクティビティ:恐怖を克服するための 5 つのヒント

5月 15, 2024

1 min read

アバター画像
Author : United We Care
空飛ぶ冒険アクティビティ:恐怖を克服するための 5 つのヒント

導入

私たち人間は、「人間」であることの限界を超える機会があれば大喜びします。ガジェットを作ったり、危険な地形を探検したりします。限界を押し広げて新たな高みを目指すのが大好きで、高所での冒険アクティビティはこれらすべてとそれ以上のものをもたらしてくれます。これらのアクティビティは、重力に逆らって鳥のように空を舞い上がります。これらは大きなアドレナリンラッシュをもたらし、高所恐怖症を克服するチャンスを与えてくれるアクティビティです。しかし、誰もが同じというわけではありません。この体験をしたいと思っても、その結果を恐れる人もいます。高所恐怖症をお持ちなら、この記事が役に立ちます。この記事では、この恐怖とは何か、そしてそれを克服する方法について説明します。

ハイフライングアドベンチャーアクティビティとは何ですか?

冒険活動は、私たち人間が行うユニークなレジャー活動です。ここでは、誤ったミスや事故の結果のリスクは、おそらく死です[1]。しかし、これらの活動は興奮感をもたらし、その人のアドレナリン生成を急増させます。

高空冒険アクティビティは、こうしたリスクを伴う冒険のサブセットです。ここでは、アクティビティは高所で行われ、体験には何らかの形の空中追跡または飛行が含まれます。高空冒険アクティビティは数多くあります。その一部を以下に示します。

ハイフライングアドベンチャーアクティビティとは何ですか?

  • パラグライダー:参加者は丘や山などの高い場所から飛び立ち、ハーネスと翼の助けを借りて気流を利用してしばらく空中に留まります
  • スカイダイビング:もう一つのスリル満点のアクティビティであるスカイダイビングでは、飛行機から飛び降りて空中を自由落下し、パラシュートを使用します。
  • バンジージャンプ:これは、ゴム紐でつながれた高い構造物から飛び降りる大胆な冒険です。最初に自由落下を体験し、次にゴム紐の跳ね返り効果を体験します。
  • ジップ ライン:ハーネスを装着して吊り下げられたケーブルを滑り降りるアクティビティです。通常は森林や川などの美しい景色の中で行われます。
  • ウイングスーツ飛行:布製の翼が付いた特殊なジャンプスーツを着用し、鳥のように空中を高速で滑空する、やや高度なアクティビティです。

活動の種類に関係なく、これらの活動は個人に限界を押し広げ、恐怖を克服し、並外れた自由と爽快感を体験する機会を提供します。人間は一時的に鳥のようになり、私たちを支配するルールに逆らう能力を獲得します。

アドベンチャーアクティビティのメリットは何ですか?

かつては、エクストリームスポーツは恐怖と不健康な関係にある人の趣味であると信じていた人が多かった[1]。もちろん、この考え方は今では時代遅れになっており、冒険的な活動がさまざまな点で人に利益をもたらす可能性があることに多くの人が気づき始めています。これらの利益には次のようなものがあります[1][2][3]。

スリルと喜びの強化:冒険に関しては、スリルとリスク自体が報酬となります。それとは別に、明確な目標を持った活動に従事することで、個人の達成感と満足感が高まります。日常生活では、このような興奮と達成の機会は少ないため、冒険活動は目新しい感覚をもたらします。

退屈と快適さからの脱出:アドベンチャー スポーツは、自発的で、遊び心があり、今この瞬間を大切にします。日常生活には欠けているものすべてです。アドベンチャー スポーツは、限界や境界を押し広げ、自ら設定した快適ゾーンを破ることを可能にします。したがって、たとえ短命であっても、人生の単調さを打破するのに役立ちます。

身体的および精神的健康の改善:アドベンチャー スポーツは身体的に厳しいため、こうしたスポーツに惹かれる人の多くは、体力をつけることを意識しています。さらに、こうしたスポーツに伴うリラックス感、喜び、達成感は、精神的健康に良い影響を及ぼします。

自由の感覚を高める:エクストリーム スポーツに参加する人の多くは、このスポーツに参加することで得られる自由について語ります。空に浮かぶと、日常生活の制約や責任から解放されます。身体を自由に動かし、恐怖や喜びなどの強い感情を自由に体験できます。声を振り絞って叫ぶことさえできます。日常生活ではこうした表現は抑制されることが多いため、アドベンチャー アクティビティは解放的なものになります。

自然とのつながりが増す:冒険活動に取り組む人々へのインタビューや実体験に重点を置いた研究では、自然とのつながりが増すという結果が繰り返し出ています。私たちは誰もがどこかで自然とのつながりを切望しており、自然とつながると、大きな安らぎを感じます。大空を飛ぶ冒険活動も含め、ほとんどの冒険活動には自然との関わりが伴い、それに参加すると最終的には幸福度が増します。

スポーツにおける不安とストレス管理についてもっと知る

恐怖が極端になると何が起こるでしょうか?

恐怖はあらゆるアドベンチャー スポーツに共通していますが、恐怖症を持つ人の中には、恐怖が極端になる人もいます。高所恐怖症、つまり高所恐怖症の人は、そのようなアクティビティを避けたり、そのことを考えただけで脅威を感じたりすることがあります。

高所恐怖症は20人に1人が罹る一般的な疾患です[4]。一部の研究者は、恐怖の認識とは別に、感覚的要素も高所恐怖症に関係していることを発見しました[4]。原因が何であれ、その結果は、人が高所にいるときに極度の身体症状と不快感を引き起こします。

高所恐怖症の人にとって、恐怖を克服するのははるかに難しいかもしれません。それでも、この「飛行」を体験したいとお思いかもしれません。専門家と協力することで、この症状を改善できます。セラピストは、高所恐怖症に対処するために、系統的脱感作法や CBT などの手法を使用します。そうすれば、これらの高所での冒険活動は、恐怖症を克服したことを意味するため、はるかに強い達成感と幸福感をもたらします。

高所での冒険活動に対する恐怖をどうやって克服しますか?

冒険活動には多くの利点がありますが、恐怖心は私たちが認識しなければならない重要な要素です。恐怖心は冒険活動に不可欠な要素です。これらの活動を充実させる理由の 1 つは、活動前に感じる恐怖心と活動後に感じる安堵感の大きな違いです。しかし、活動前の恐怖心が手に負えない人のために、次のヒントを紹介します [5] [6]。

高空冒険アクティビティに対する恐怖を克服するには?

恐怖を受け入れる

恐怖は避けられません。ですから、恐怖と戦うのではなく、恐怖があなたに影響を与えるのを許してください。感情に逆らうのではなく、感情と向き合うことが目的です。また、恐怖を引き起こす高揚感あふれる活動の特定の側面についてじっくり考え、理解する時間を取ることもできます。根本的な原因を特定することで、直接対処し始めることができます。

段階的な露出

始めたばかりなら、小さなことから始めましょう。たとえば、最初は小規模のバンジージャンプに挑戦し、その後、より大きな崖に挑戦してみましょう。こうすることで、より大きく危険なアクティビティを体験する能力が徐々に高まり、これらのアクティビティに身を置くにつれて、アクティビティと自分自身の両方に対する信頼も高まります。

資格を持った専門家と協力する

あなたが興味を持っている冒険アクティビティを専門とする資格のあるプロのインストラクターやガイドと一緒に行動することが重要です。彼らは専門的な指導、安心感、安全対策を提供し、あなたの自信をさらに高め、存在するかもしれない恐怖にも対処してくれます。

成功を視覚化する

視覚化テクニックは、自分がアクティビティを無事に完了したことを想像することで、ストレスや不安を管理するテクニックです。たとえば、パラグライダーから無事に着陸し、満面の笑みを浮かべ、素晴らしい気分になっている自分を想像します。このような視覚化は、最終目標を強化し、アクティビティのポジティブな結果を心に浮かび上がらせます。それに応じて、脳はポジティブな感情をこれらのアクティビティに関連付け始め、自動的に恐怖や回避を減らします。

活動を通して呼吸する

ただ呼吸するだけです。呼吸は決まりきったアドバイスのように聞こえるかもしれませんが、実際には神経系を落ち着かせ、身体の緊張を和らげるのに驚くほど効果があります。活動の前に、深呼吸と落ち着きの練習に少し時間を費やして、リラックスして作業に臨むことができます。

詳しくはこちら– 実生活と映画生活の違い

結論

空を飛ぶ冒険活動は、計り知れない喜びと幸せをもたらします。しかし、その至福の段階に達する前に、恐怖と不安に立ち向かい、それを抑えなければなりません。そのためには、まず恐怖がそこに存在することを認めることから始めましょう。次に、視覚化、段階的な露出、専門家の助けなどの戦略を利用して、感情を乗り越えることができます。

アドベンチャー スポーツへの恐怖や高所恐怖症などの恐怖症に悩んでいる場合は、 United We Careアプリおよび Web サイトの専門家にお問い合わせください。United We Care のチームは、お客様の総合的な健康のために最善のソリューションを提供することに尽力しています。

参考文献

  1. E. Brymer と R. Schweitzer、「エクストリーム スポーツは健康に良い: エクストリーム スポーツにおける恐怖と不安の現象学的理解」、 Journal of Health Psychology 、第 18 巻、第 4 号、pp. 477–487、2012 年。doi:10.1177/1359105312446770
  2. JH Kerr と S. Houge Mackenzie、「アドベンチャー スポーツに参加する多様な動機」、スポーツと運動の心理学、第 13 巻、第 5 号、649 ~ 657 ページ、2012 年。doi:10.1016/j.psychsport.2012.04.002
  3. E. ブライマーと R. シュバイツァー、「エクストリーム スポーツにおける自由の探求: 現象学的探究」、スポーツと運動の心理学、第 14 巻、第 6 号、pp. 865–873、2013 年。doi:10.1016/j.psychsport.2013.07.004
  4. CM コエーリョと G. ウォリス、「高所恐怖症の解体:高所恐怖症の発症につながる生理的および心理学的前兆」『うつ病と不安』第 27 巻、第 9 号、864 ~ 870 ページ、2010 年。doi:10.1002/da.20698
  5. KreedOn、「アドベンチャースポーツへの恐怖を克服するには?」、LinkedIn、https://www.linkedin.com/pulse/how-you-can-overcome-your-fears-adventure-sports-kreedon(2023年6月20日アクセス)。
  6. 「アドベンチャースポーツへの恐怖を克服するための10のステップ」、Quora、https://flyboyjoyflights.quora.com/10-Steps-to-Overcome-Your-Fear-of-Adventure-Sports(2023年6月20日アクセス)。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority