子育てを育む:効果的な子育てのための愛と境界線のバランス

5月 23, 2024

1 min read

アバター画像
Author : United We Care
子育てを育む:効果的な子育てのための愛と境界線のバランス

導入

子育ては、子どもを育てながら規律を保つという綱渡りの旅です。もちろん、言うは易く行うは難しです。子育てに関する本やアドバイスは数多くあります。それらはすべて、子育てのベストプラクティスについて独自の見解を持っています。しかし、それらすべてが同意していることの 1 つは、適切な制限を設けながら温かく思いやりのある環境を作ることに重点を置く子育ては、バランスの取れた子どもを育てるのに非常に効果的であるということです。今日は、養育子育ての概念を探り、愛と境界線の健全なバランスを実現するための戦略を紹介します。

さまざまな子育ての方法を理解する

親はそれぞれ異なるため、子育ての実践は他の親とは必ず異なります。しかし、子育てを研究してきた心理学者は、親の一般的な実践に基づいて子育てを特定のカテゴリに分類してきました。その中で最も有名な心理学者はバウムリンドで、彼は親が子供に対してどの程度のコントロールを主張するかに基づいて 3 つの子育てスタイルを提唱しました。その後、マコービーとマーティンはこれを拡張し、子供のニーズに対する親の反応という側面を追加しました。これにより、今日存在する 4 つの主要な子育てスタイルが生まれました [1]。

さまざまな子育ての方法を理解する

権威主義的な子育て

現在、研究者や学者は、これが理想的な子育てスタイルであると考えています。権威主義的な親は、温かく、養育的で、子供のニーズに応えますが、子供に対して明確で合理的な期待も設定します。子供が困難に直面しているとき、このような親は指導とサポートを提供しながら、独立性と個性を奨励し続けます[1]。

権威主義的な子育て

これらは厳格な親です。権威主義的な親は子供に対して非常に要求が厳しいです。彼らはルールを定め、子供がそれに従うことを期待しますが、子供のニーズに応えることはめったにありません。服従と規律が評価され、交渉は不登校の兆候になります。意識的であろうと無意識的であろうと、彼らのコミュニケーションは一方通行であり、子供の視点はほとんど考慮されません[1]。

権威的な子育てと寛容な子育ての違いについては、この記事をお読みください。

寛容な子育て

子どもの目には、このような親は「クールな」親に映ります。しかし、厳密に言えば、寛容な親は前述のカテゴリーの反対です。寛容な親は子どもを養い、甘やかす傾向があり、ルールや境界線をほとんど設けません。子どもの友達でありたいと思っていて、親の役割を忘れています [1]。寛容な親の子どもは要求が厳しくなりすぎて、家の中で主導権を握り、親が子どもを支配するのではなく、子どもが親を支配するようになることがよくあります。

関与しない子育て

親が物理的には一緒にいても、不在になることがあります。親が子どもの要求に応えず、感情的に距離を置き、最小限の指導しか与えない場合、それは無関心な子育てと呼ばれます。これは、専門的な仕事が忙しかったり、親の精神的または身体的健康上の懸念など、さまざまな理由で発生する可能性があります [1]。

子育てにおける愛と養育の役割

有名な子育て本「愛こそすべて」の著者であるシェルジャ・センは、子どもとのつながりと絆を子育ての基本としています[2]。愛情と養育を通して、親は健全で支え合う関係の基盤を築きます。この関係は、養育行動や積極的な愛情表現とともに、子どもの感情的、社会的、認知的発達に非常に重要になります[2]。

簡単に言えば、養育子育てとは、子どもの身体的、感情的、心理的ニーズを満たすこと、快適さと保護を提供すること、そして自立と自信を促進することを指します[3]。子どもが愛されていると感じると、肯定的な自尊心を持ちやすくなり、安全な関係を築く能力を身につけることができます。

しかし、愛情を極端にしすぎないように注意しなければなりません。親が自立と養育に集中しすぎて、結局は寛容になってしまうことがあります。親は子どもに何の枠組みも与えず、簡単に要求に屈してしまいます。これは結局子どもにとって有害となる可能性があります。研究者は、寛容な親を持つ子どもは感情のコントロールが悪く、自制心が弱く、行動に問題があり、リスクを負う傾向が高いことに気づいています [4] [5]。

子育てにおける境界線の役割

子育てにおける境界線は、子どもに秩序と安心感を与えるのに役立ちます。親が適切な境界線を設定すると、子どもは自制心と責任感を育みます [5]。これは必ずしも簡単なことではなく、子どもは間違いなく抵抗します。しかし、親が必要な境界線をしっかりと守ることが重要です。たとえば、就寝時間を決めるなどの境界線は、子どもの視点からすると最初は危機であり、子どもは反発するかもしれませんが、最終的には子どもの睡眠衛生と睡眠習慣を作るのに役立ちます。

ここでも注意すべきことは、これを極端にしすぎないことです。親が境界線を厳しくしすぎると、養育の機会を失い、権威主義的になる可能性があります。このような状況では、境界線は明確で確立されていますが、交渉や柔軟性はほとんどありません。このような環境で育った子供は、かなりの発達上の問題にも直面します。たとえば、社会スキルが低く、自尊心が低く、精神衛生上の問題や反抗的な行動の可能性が高くなる大人になる可能性があります [5] [7]。

詳しくはこちら-なぜあなたのお母さんはあなたを嫌っているのに、あなたの兄弟は大好きなのか

子育てにおいて愛と境界線のバランスをとる

境界線と養育の両方が存在する権威的な子育てスタイルを理解し、実践する親は、将来、子供とより良い関係を築くことができます。このタイプの子育ては、高い自尊心、学業成績、より良い感情制御、意思決定のより独立した能力など、子供に多くの良い結果をもたらします。したがって、全体として、努力する価値があります。

詳細情報 – 子育てスタイルは子供にどのような影響を与えるか。

このバランスを作り、前向きな子育てスタイルを身につけるためのヒントをいくつか紹介します[3][8][9]。

子育てにおいて愛と境界線のバランスをとる

温かく、反応的であること

子供とのつながりを築くことは、最も重要です。子供が理解できる方法で、子供に対して温かさと愛情を示すことを学ばなければなりません。これを行うには、子供の感情的および身体的ニーズに迅速かつ敏感に対応すること、子供の努力を称賛または奨励すること、子供の能力と性格を受け入れることなどが挙げられます。

オープンなコミュニケーションを奨励する

オープンなコミュニケーションを促し、非批判的な態度で子供の話を聞くことで、子供にとって心理的に安全な環境を作り出すことができます。そのような環境では、子供は自分の考えや感情を快適に表現できるようになります[10]。

明確かつ合理的な期待を設定する

ルール、責任、結果など、子供に期待を伝えることは、境界線を設定するのに役立ちます。これらの期待が年齢に適切で公平であることを確認する必要があります。たとえば、13 歳の子供に 1 時間自習をさせるのは公平な期待かもしれませんが、7 歳の子供にとってはこのルールは不公平かもしれません。さらに、これらの境界線の必要性を子供に説明することも重要です。これにより、子供の協力と責任感が高まります。

ポジティブな規律を実践する

罰だけに頼るのではなく、子供が引き起こした状況の結果を自分で管理できるようにするなど、積極的なしつけのテクニックを重視します。たとえば、子供が水をこぼした場合、責任感を高める 1 つの方法は、子供に水をこぼしたかどうか尋ねたり、子供が水を拭くのを手伝ったりすることです。積極的なしつけ戦略は、厳しい罰に頼るのではなく、問題解決と反省を促します。

自立と自律を育む

子どもが成長するにつれて、親はある程度のコントロールを手放す必要があります。年齢相応の責任と意思決定の機会を徐々に与えて、子どもの自立心の成長をサポートすることが重要です。たとえば、子どもが 10 代に入ると、就寝時間を長くしたり、自分で日課を決めたり、友達と一人で出かけたりするのを許可したりすることが、責任感を教えるのに役立ちます。

リハビリセンターに関する詳細情報

結論

子育ては大変ですが、効果的な子育てはもっと大変です。子育ての最良の方法は、養育的な愛情と妥当な要求の両方のバランスを取ることです。あなたの温かさと愛情がなければ、子供はあなたや世界に対して不信感を抱くようになるかもしれませんし、境界線がなければ、子供は不登校になるかもしれません。権威的な子育てのこのバランスを達成できれば、子供に安心感、自信、責任感を与えることができます。

あなたが親であるか、または親になることを計画しているなら、 United We Care の専門家から効果的な子育ての実践について詳しく学ぶことができます。私たちの献身的な専門家チームは、あなたとあなたの家族の全体的な幸福のために最善のソリューションを提供することに尽力しています。

参考文献

  1. LG Simons と RD Conger、「母親と父親の子育ての違いと家族の子育てスタイルの類型および思春期の成果との関連」、 Journal of Family Issues 、第 28 巻、第 2 号、212 ~ 241 ページ、2007 年。doi:10.1177/0192513×06294593
  2. S. セン『必要なのは愛だけ:マインドフルな子育て術』ニューヨーク:コリンズ、2015年。
  3. D. バウムリンド、「権威的な親のコントロールが子供の行動に与える影響」、児童発達、第37巻、第4号、p.887、1966年。doi:10.2307/1126611
  4. GA Wischerth、MK Mulvaney、MA Brackett、D. Perkins、「寛容な子育てが個人の成長に及ぼす悪影響と感情知能の媒介役割」、遺伝心理学ジャーナル、第177巻、第5号、185〜189ページ、2016年。doi:10.1080/00221325.2016.1224223
  5. SM アラファト、H. アクテル、MA イスラム、Md. M. シャー、R. カビール、「子育て:タイプ、影響、文化的差異」、アジア小児研究ジャーナル、pp. 32–36、2020年。doi:10.9734/ajpr/2020/v3i330130
  6. C. Connel、「構造的家族における多文化的視点と考慮事項…」、RIVIER ACADEMIC JOURNAL、第6巻、第2号、2010年秋、 https: //www2.rivier.edu/journal/ROAJ-Fall-2010/J461-Connelle-Multicultural-Perspectives.pdf(2023年6月9日アクセス)。
  7. PS ジェイドンと S. トリパシ、「権威主義的子育てスタイルが子供の自尊心に与える影響:系統的レビュー」、 IJARIIE-ISSN(O)-2395-4396 、第 3 巻、2017 年。[オンライン]。https: //citeseerx.ist.psu.edu/document ?repid=rep1&type=pdf&doi=1dbe3c4475adb3b9462c149a8d4d580ee7e85644 から入手可能
  8. L. エイミー・モーリン、「子供に対してより権威的になるための戦略」、Verywell Family、https://www.verywellfamily.com/ways-to-become-a-more-authoritative-parent-4136329(2023年6月9日アクセス)。
  9. G. Dewar、「権威主義的な子育てスタイル:証拠に基づくガイド」、PARENTING SCIENCE、https://parentingscience.com/authoritative-parenting-style/(2023年6月9日アクセス)。
  10. 「子育て:子どもとオープンなコミュニケーションをとるための 5 つのヒント」United We Care、 https://www.unitedwecare.com/parenting-5-tips-to-have-open-communication-with-your-child/。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority