ハイパーフォーカス自閉症:お子さんがハイパーフォーカスを示す場合に知っておくべき 5 つのヒント

6月 7, 2024

1 min read

アバター画像
Author : United We Care
ハイパーフォーカス自閉症:お子さんがハイパーフォーカスを示す場合に知っておくべき 5 つのヒント

導入

自閉症を理解するには、ハイパーフォーカスを理解することが重要です。ハイパーフォーカスとは、特定のタスクまたはオブジェクトへの注意力が高まることです。ハイパーフォーカスすると、環境内の他の出来事を理解できなくなります。ハイパーフォーカスは、すべての注意を 1 つのタスクに集中させるため、障害となる可能性があります。これを念頭に置いて、ハイパーフォーカスが自閉症にどのように関連しているか、またそれをどのように管理するかを探ります。

ハイパーフォーカス自閉症とは何ですか?

同様に、集中力過剰の自閉症は、お子様の注意力と関連しています。集中力過剰は、集中していることと見た目上は似ています。しかし、集中することと集中力過剰には明確な違いがあります。主な違いの 1 つは、自閉症との関係です。お子様が集中力過剰の場合、自閉症やその他のスペクトラム障害の診断も受けます。また、これは、お子様が社交や勉強など、生活の他の分野で困難を抱えることを意味します。次に、お子様が集中力過剰になっているのに気付いた場合、お子様は周囲の他のすべてにほとんど気づかなくなります。つまり、他のことに反応する能力が大幅に低下します。たとえば、テレビ番組に集中している普通の子供は、夕食に呼ばれると認識して反応します。しかし、集中力過剰の子供は、夕食に呼ばれても聞き逃すだけでなく、邪魔されない限り反応しません。さらに、集中力過剰は、表面的には、熱心に集中している状態やフロー状態にある状態と似ているように見えるかもしれません。ハイパーフォーカスの人は、疲労困憊するまで、集中力を変えたいと思っても変えられないという明確な違いがあります。ハイパーフォーカスについて詳しくは、こちらをご覧ください。

ハイパーフォーカスと自閉症の関係

したがって、ハイパーフォーカスをよりよく理解するために、それが具体的に自閉症とどのように関連しているかを理解しましょう。

  1. 自閉症は、自閉症スペクトラム障害とも呼ばれ、基本的に発達障害です。つまり、子供の発達全般に影響を及ぼします。発達中の神経系と脳に影響を及ぼす多くのスペクトラム障害の 1 つです。 
  2. その結果、自閉症の子供は生活のさまざまな分野で困難に直面します。社会性を身につける能力、学習能力、集中力などが含まれます。他にも気づかれない小さな困難がいくつかある場合があります。
  3. 同様に、自閉症の子供は課題や話題に固執する傾向があります。つまり、話題や活動に固執する傾向が強いということです。これをハイパーフォーカスの文脈で考えると、大きな類似点が見つかります。
  4. 結論として、ハイパーフォーカス、つまり自然にまたは必要に応じて赤方偏移フォーカスする能力が損なわれています。自閉症スペクトラム障害を持つ子供は、周囲の特定の物体、話題、またはタスクにハイパーフォーカスする傾向がある可能性が高くなります。

ハイパーフォーカスは自閉症の症状か

十分な科学的指針がないため、ハイパーフォーカスが自閉症の症状であるかどうかは不明です。むしろ、他のスペクトラム障害を持つ子供もハイパーフォーカスの傾向を示しています。ハイパーフォーカスが本当に自閉症に関連していることを確認するには、子供に適切な支援を与えることが不可欠です。たとえば、ADHDまたは注意欠陥多動性障害を持つ子供も、集中力を導くのが困難です。したがって、ますます機能不全な注意の払い方がハイパーフォーカスと組み合わされます。これについて詳しく知るには、「ハイパーフィジケーションとハイパーフォーカス」をお読みください

ハイパーフォーカスの兆候

ハイパーフォーカス自閉症ハイパーフォーカスの発達の他の兆候は次のとおりです。

  • 必要に応じて焦点を再び切り替えたり、他の方向に考え直したりすることができない。
  • ハイパーフォーカスは特定のトピックまたはタスクにのみ関連しており、生産的なタスクには適用されません。
  • ハイパーフォーカスは疲労するまで続き、制御できません。

必読 – 自閉症スペクトラム障害さまざまな場所から支援を受けることができますが、お子さんの自閉症の症状を管理するための措置を講じることが重要です。これにより、自閉症の過集中が私生活に与える影響が軽減されるだけでなく、症状も軽減されます。ADHD過集中についてさらに読む

 お子さんが過集中型自閉症の場合、どう対処しますか?

  1. 理想的には、特に集中力過剰を伴う自閉症の兆候や症状に気付いた場合は、専門家の助けを求めてください。確認のためにお子さんの検査と診断を受けることを検討してください。資格のある心理学者や精神科医に相談する必要があります。
  2. 診断に加えて、投薬、セラピー、スキルトレーニングなどの自閉症の治療法を探す必要があります。これにより、お子さんは症状を管理し、ライフスタイルの要求に適応できるようになります。
  3. これに続いて、子供を訓練する方法を見つけてください。専門家の助けを借りて、子供たちにエネルギーを集中させる方法を教えましょう。これは、過集中の傾向に対処するのにも役立ちます。
  4. あるいは、瞑想やマインドフルネスなどの特別なテクニックを使うこともできます。これらのテクニックは、スペクトラム障害と診断されたお子さんの助けになります。また、これらのテクニックは、お子さんが人生の他の分野で回復力や前向きな見通しを築くのにも役立ちます。
  5. 最後に、お子さんが集中しすぎる状況がまだ起こる可能性があるということを受け入れてください。管理はプロセスであり、効果が出るまでには時間がかかるということを覚えておいてください。自閉症の全体的な管理は、集中しすぎる傾向を制御するのにも役立ちます。

必読 –自閉症の過固執

結論

本質的に、ハイパーフォーカスを理解することは、お子様の自閉症の管理にも役立ちます。ハイパーフォーカスと自閉症は相互に関連していますが、ADHD にもハイパーフォーカスが見られます。ハイパーフォーカスのあるお子様は、他の診断を受けている場合もあります。お子様がハイパーフォーカス自閉症を管理するのを助ける方法はいくつかあります。この記事では、ハイパーフォーカスとは何か、自閉症スペクトラム障害との関係について理解できます。専門家の支援とすべての関連情報をワンストップで入手するには、 United We Care アプリに接続してください。

参考文献

[1] BK AshinoffとA. Abu-Akel、「ハイパーフォーカス:忘れられた注意の最前線」、 Psychological Research 、vol. 85、no. 1、2019年9月、doi: https://doi.org/10.1007/s00426-019-01245-8 [2] A. Dupuis、P. Mudiyanselage、CL Burton、PD Arnold、J. Crosbie、およびRJ Schachar、「ハイパーフォーカスまたはフロー?自閉症スペクトラム障害における注意力の強さ」、 Frontiers in Psychiatry 、vol. 13、no. Volume 13 – 2022、p. 886692、2022年、doi:https://doi.org/10.3389/fpsyt.2022.886692。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority