グループセラピー:知っておくべきことすべて

5月 22, 2024

1 min read

アバター画像
Author : United We Care
グループセラピー:知っておくべきことすべて

導入

私たちは皆、サポート グループやグループ セラピー セッションを扱った映画やシリーズを見たことがあります。シットコム「Mom」はアルコール依存症匿名会を前提としており、テレビ シリーズ「Anger Management」ではチャーリー シーンが怒りの管理のためのグループ セッションを主導しています。それ以外にも、サポート グループやセラピー グループはメディアで人気のテーマです。メディア以外でも、グループ セラピーは、人々が自分の懸念に対処し、同様の課題に直面している他の人からサポートを得るためのユニークなプラットフォームを提供する素晴らしい空間です。グループ セラピーはダイナミックで協力的であり、人々のコミュニティ意識を構築します。また、信頼できるグループと経験を共有し、洞察を得ることもできます。この記事では、グループ セラピーについて知っておくべきすべてのことを詳しく説明します。

グループセラピーとは何ですか?

グループ療法は、訓練を受けたセラピストの指導のもと、少人数のグループ(通常 6 ~ 12 名)が集まる介入形式です。参加者全員に共通点があり、それは通常、彼らが解決したい問題です。たとえば、PTSD を管理するために集まるグループには、PTSD と診断された人だけが参加します。これはグループ療法の大きな強みであり、参加者に普遍性の感覚をもたらします。つまり、参加者は自分は一人ではなく、他の人も同じ問題を抱えていることに気付くのです [1]。

臨床医は、 PTSD不安うつ病トラウマなどのさまざまな症状に対してグループ療法のプロセスを使用します。グループ療法の目的は、人々がグループ内での問題を管理し、最終的にはグループ外でも症状を管理できるようになるのを支援することです。参加者は、社会の中で正常に機能できるようになるという考えのもと、対処スキルの習得、行動の修正、人間関係スキルの開発などに時間を費やします[1]。

もっと詳しく知る– 不安に対処するためのクイックガイド

グループ療法には、それが築くコミュニティ以外にも多くの利点があります。主に、グループ療法は費用対効果が高く、待ち時間が短縮され、セラピストの数が限られている地域でもアクセスしやすくなります [1]。また、クライアントが自分を理解してくれる人を見つけることができるため、クライアントの社会的サポートも構築されます。

グループセラピーセッションの利点は何ですか?

グループセラピーに参加すると、さまざまなメリットが得られます。そのメリットのいくつかを以下にまとめました[2][3][4]。

グループセラピーセッションの利点は何ですか?

  • 類似のものを探す: グループセラピーに参加すると、回復の道を歩んでいる人や、自分と同じような問題に取り組んでいる人に出会うことになります。時には、誰かが自分の苦労を理解してくれていると知るだけで、孤独感や疎外感を和らげるのに十分です。
  • サポートの空間: 個人療法では、セラピストからいくらかのサポートが得られます。しかし、セラピストは、セラピーは癒しと成長のための空間であり、セラピーの外でサポート体制を構築する必要があるとよく言います。一方、グループ療法では、セラピストとサポート体制の両方が得られます。それだけでなく、あなたも他の誰かのサポート体制の一部となり、それが自分自身に承認と意味をもたらすことがあります。
  • 自分と他者とのつながり:これは、自分の本当の声を発見し、これまで考えてきたことを話し、恥ずかしがることなく自分の感情を自由に共有できる空間です。時には、他の人と共有したり、他の人の話を聞いたりすることで、洞察が生まれ、他の人とつながる能力についても知ることができます。
  • スキル開発のためのスペース:この設定では、ソーシャル スキル、対処スキル、怒りの管理スキル、感情の調整スキルなどを鍛えることができます。鍛えるスキルはグループの目標によって異なりますが、安全でサポートのある環境でスキルを習得し、練習することができます。
  • 費用対効果の高い治療方法: 個人療法と比較すると、グループ療法は安価です。経済的制約に苦しんでいる場合は、1対1のセッションを受ける代わりに、このバージョンのサポートを選択できます。

詳しく読む – ADHD の子育てトラウマ

グループセラピーセッションでは何が期待できますか?

グループセラピーセッションでは何が期待できますか?

他の治療プロセスと同様に、初めてグループセラピーに参加するのは怖いかもしれません。しかし、何を期待するかを知っていれば、落ち着くプロセスが楽になります。グループセラピーで期待できる一般的なことは次のとおりです[2] [5]:

  • 守秘義務:セラピーは信頼と守秘義務なしには機能しません。この環境に入ると、主任心理学者が基本ルールの設定について話す可能性が高く、その 1 つが守秘義務です。これは、あなたとグループ内の他の全員が互いのプライバシーを尊重し、話し合った内容を外部の人と共有しないことを意味します。コンテンツを共有する場合でも、共有する人の身元を隠しておくか、共有する前にその人の同意を得ます。
  • 積極的な参加:現場では、あなたにも積極的な参加者として、自分の気持ちや考え、経験を率直に共有することが求められます。リーダーは、洞察力を高め、コミュニケーションを促進するためのアクティビティを実施することもあります。セラピストがそのようなアクティビティを実施する場合、あなたはそれに参加するか、それに関する不快感を共有することが求められます。
  • グループ ダイナミクス:グループ セラピストの役割は、全員の意見が聞き入れられ、また他の人の意見も聞けるようにセッションを促進することです。誰もスポットライトを浴びることはなく、全員が衝突することなくうまくやっていけます。セラピストは、共感、促進、要約、明確化などのテクニックを使用して、グループを癒しと反省の空間へと導きます。

オンラインカウンセリングに関する詳細情報

グループセラピーセッションと個人セラピーの違いは何ですか?

皆さんの多くは、グループ療法と個人療法のどちらが良いのか疑問に思っているかもしれません。その答えは、状況によって異なります。それは、人、状況、療法の目的によって異なります。どちらの形態も効果的であり、人々を助けるという共通の目的を持っていますが、両者の間には大きな違いがあります。これらの違いには次のものがあります [6] [7] [8]:

  • セラピーの焦点: 個人セラピーの焦点は、1 人のクライアントとその特定のニーズにあります。セラピストはこの人物にのみ焦点を当て、セッションではこの人物特有の課題に対処しようとします。ただし、グループでは、グループ全体が共通の目標とニーズを持っています。セラピストは各人に平等に注意を払いながら、グループの目標とニーズが満たされ、1 人の人物が主導権を握らないようにすることが求められます。
  • サポート システム:両方の設定のサポート システムは非常に異なります。個人療法では、クライアントが利用できるサポート システムはセラピストだけです。ただし、グループ療法では、参加者はセラピストだけでなくグループ メンバーからもサポートを受けられるため、このサポートはより強力になります。グループは追加のガイダンス ソースになります。多くの人が、これがこのプロセスの最大の強みであると考えています。
  • 視点の多様性:グループ療法では、さまざまな背景を持つ人々と交流します。これにより、非常に多様な視点や洞察が得られ、治療体験が豊かになります。
  • コストとスケジュール:グループセラピーは、1 対 1 のセッションよりも安価になる傾向があります。ただし、グループ全体の空き時間を考慮する必要があるため、セッションのスケジュールと設定の柔軟性は低くなります。

怒り管理プログラムについてさらに詳しく

結論

グループ療法は、同じ問題を抱えている人々が集まり、同時に助けを求めるという、ユニークな治療法です。コミュニティのような構成により、よりサポート的な環境が整い、人々は自分と同じような人々から学びます。このプロセスの間、あなたはグループのすべてのメンバーから受け入れられ、認められ、理解されていると感じます。グループ療法には多くの利点がありますが、最終的に、これを求めるかどうかはあなた次第です。

United We Care は、世界中の人々の総合的な健康を目的としたメンタルヘルス プラットフォームです。サポートやメンタルヘルスのヘルプが必要な場合は、 United We Care の専門家にお問い合わせください。当社のチームは、お客様のニーズに最適なソリューションを提供することを目指しています。

参考文献

  1. A. Malhotra および J. Baker、「グループ療法 – statpearls – NCBI ブックシェルフ」、国立医学図書館、https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK549812/ (2023 年 7 月 4 日にアクセス)。
  2. J. Eske、「グループ療法:定義、利点、期待できることなど」、Medical News Today、https://www.medicalnewstoday.com/articles/group-therapy(2023年7月4日アクセス)。
  3. M. Tartakovsky、「グループセラピーの5つのメリット – ウェストチェスター大学」、https://www.wcupa.edu/_services/counselingCenter/documents/groupTherapyBenefits.pdf(2023年7月4日アクセス)。
  4. ケンドラ・チェリー女史、「グループセラピーの仕組み」、Verywell Mind、https://www.verywellmind.com/what-is-group-therapy-2795760(2023年7月4日アクセス)。
  5. C. Steckl、「グループセラピー中に何が起こるのか?」MentalHelp.net、https://www.mentalhelp.net/blogs/what-happens-during-group-therapy/(2023年7月4日アクセス)。
  6. YM Yusop、ZN Zainudin、WM Wan Jaafar、「グループカウンセリングの効果」、 Journal of Critical Reviews 、2020年。アクセス日:2023年。[オンライン]。入手可能:https://oarep.usim.edu.my/jspui/bitstream/123456789/11378/1/The%20Effects%20Of%20Group%20Counselling.pdf
  7. C. マクロバーツ、GM バーリンゲーム、MJ ホアグ、「個人および集団心理療法の有効性の比較: メタ分析の観点」、グループ ダイナミクス: 理論、研究、実践、第 2 巻、第 2 号、pp. 101–117、1998 年。doi:10.1037/1089-2699.2.2.101
  8. 「個人療法と集団療法の違い:オックスフォード」オックスフォード治療センター、https://oxfordtreatment.com/addiction-treatment/therapy/individual-vs-group/(2023年7月4日アクセス)。

Unlock Exclusive Benefits with Subscription

  • Check icon
    Premium Resources
  • Check icon
    Thriving Community
  • Check icon
    Unlimited Access
  • Check icon
    Personalised Support
アバター画像

Author : United We Care

上部へスクロール

United We Care Business Support

Thank you for your interest in connecting with United We Care, your partner in promoting mental health and well-being in the workplace.

“Corporations has seen a 20% increase in employee well-being and productivity since partnering with United We Care”

Your privacy is our priority