うつ病と不安に対する神経伝達物質 (セロトニンとドーパミン) の影響

12月 2, 2022

1 min read

序章:

人間の脳は複雑な構造です。ある部分から別の部分にメッセージをスムーズに伝達する数十億のニューロンがあります。神経伝達物質は、ニューロン間で信号を中継する化学伝達物質です。研究によると、神経伝達物質とうつ病や不安神経症などの精神障害は強く相関しています。

神経伝達物質とは何ですか?

人間の脳では、ニューロンは化学メッセンジャーの助けを借りて互いに通信します。 2つのニューロンの神経端は接続されていません。これらのニューロンには、シナプスギャップと呼ばれる小さなギャップがあり、化学物質の神経伝達物質が他の標的細胞に信号を運びます。簡単に言えば、神経伝達物質は、ニューロン間でメッセージを標的細胞に中継するのに役立つ化学物質です。これらのメッセージは、体の機能を調節するのに役立ちます。神経伝達物質は、調節に役立つ信号を伝達するプロセスで重要な役割を果たします。

1.呼吸

2.睡眠

3.心拍数

4.気分

5.消化

5.食欲

6.濃度

7.動き

神経伝達物質には3つのタイプがあります。それぞれに特定の受容体があります。

神経伝達物質の種類:

1.興奮性神経伝達物質:これらのタイプの神経伝達物質は、標的細胞を興奮させ、促進します。

2.抑制性:これらのタイプの神経伝達物質は、標的細胞を思いとどまらせ、それらの作用を抑制します。

3.変調:これらのタイプの神経伝達物質は、一度に複数のニューロンと通信します。

うつ病と不安神経症とは何ですか?

うつ病と不安神経症は、あなたの生活に悪影響を与える一般的な精神障害です。これらの精神障害は両方とも、あなたの仕事と私生活に障害をもたらします。

うつ病:Â

大うつ病性障害または気分障害としても知られています。うつ病の人は、絶え間ない不幸、悲しみ、そして自分たちの生活への興味の喪失の兆候を示しています。悲観論はうつ病の核心です。次のような症状を引き起こします。

1.無価値または絶望感

2.絶え間ない悲しみの気持ち

3.自殺念慮の内容

4.活動への関心の欠如

5.倦怠感

6.睡眠障害

7.食欲不振

8.焦点を合わせたり決定を下したりできない

うつ病の状態が完全になくなるとは限りません。しかし、適切な治療を行えば、うつ病の症状を管理することができます。

不安:Â

挑戦的または脅迫的な出来事に直面したとき、不安を感じることはよくあることです。しかし、不安の長期的な感情は不安障害を指し示す可能性があります。挑戦や脅威に直面して、人間はストレスを感じ、戦い、逃走、または凍結のメカニズムを使用します。不安はあなたの精神的および肉体的健康に影響を及ぼします。恐怖はストレッサーを実際よりも大きく見せることがあります。不安障害のある人は、不釣り合いな不安感に直面します。不安の症状は次のとおりです。

1.絶え間ない落ち着きのなさ

2.睡眠サイクルの乱れ

3.手のひらと足の過度の発汗

4.息切れ

5.恐怖症と恐怖症

6.めまい

7.口の中の乾燥

8.パニックを感じる

神経伝達物質はうつ病や不安にどのように影響しますか?

神経伝達物質の変化は、うつ病や不安につながる多くの要因の1つです。特定の神経伝達物質は気分の調節に関与しています。研究によると、ドーパミンやセロトニンなどの特定の神経伝達物質のレベルが低いと、うつ病や不安を引き起こす可能性があります。

ドーパミンと不安:ドーパミンは恐怖と何の関係がありますか?

研究によると、うつ病はドーパミンと関連があることが示されていますが、最新の科学的研究は、うつ病が不安関連の行動に重要な役割を果たす可能性があることを示唆しています。通常、ドーパミンは快楽中毒行動に関連しています。ただし、恐怖はドーパミンレベルと関係がある場合があります。恐怖症と恐怖症は、恐怖症、社交不安、全般性不安障害、PTSDなどの多くの不安障害の一部です。恐怖はドーパミンレベルに寄与しますが、不安のような行動にも寄与します。

うつ病、不安神経症、およびその他の状態におけるドーパミンの役割:

ドーパミンは、気分の調節に関与する重要な神経伝達物質です。ドーパミンのレベルの変化は気分障害を引き起こす可能性があります。うつ病は、ドーパミンの変動によって引き起こされる気分障害でもあります。脳は楽しい活動に従事しながらドーパミンを放出します。この快楽を引き起こす神経伝達物質のレベルが低いと、うつ病につながる可能性がありますが、ドーパミンの量が多すぎると、攻撃性、衝動調節障害、多動性障害、ADHDにつながる可能性があります。いくつかの研究は、多動性と過剰なドーパミンが統合失調症、妄想、および幻覚に関連していることを示唆しています。パーキンソン病の患者の中には、体内に過剰な量のドーパミンが含まれている人もいます。過剰なドーパミンは、人の中毒ギャンブルの傾向を促進する可能性があります。

うつ病、不安神経症、およびその他の状態におけるセロトニンの役割:

セロトニンは、私たちに気分を良くしたり幸せにしたりする神経伝達物質です。セロトニンのレベルが低い人は、不安に関連する問題を経験します。気分を調節することとは別に、この神経伝達物質は腸の機能も調節します。腸には大量のセロトニンが含まれています。セロトニンは気分調節剤であり、幸福を誘発するものであり、うつ病の治療に重要な役割を果たします。セロトニンのレベルが低いと、気分、睡眠サイクルの乱れ、慢性的な痛みの感覚、怒りの問題、記憶の問題などに影響を与える可能性があります。あなたが重度のアレルギーを経験するときはいつでも、あなたの体はセロトニンを分泌します。また、痛みの管理にも重要な役割を果たします。ただし、セロトニンの量が多すぎると、血圧や心拍に悪影響を与える可能性があります。研究によると、定期的なマインドフルネス瞑想は、セロトニンレベルを改善し、気分を高めることができます。

結論:

セロトニンとドーパミンは、あなたの全体的な健康に影響を与える重要な神経伝達物質です。毎日の運動ルーチン、瞑想、栄養食は、これらの神経伝達物質のバランスをとるのに役立ちます。感謝の気持ちを実践することは、セロトニンのバランスをとる方法でもあります。不安やうつ病に対処するためにセラピストに相談することもできます。

Overcoming fear of failure through Art Therapy​

Ever felt scared of giving a presentation because you feared you might not be able to impress the audience?

 

Make your child listen to you.

Online Group Session
Limited Seats Available!