SSRI、SNRI、およびSDRI:これらの抗うつ薬のいくつかの一般的な副作用

医療専門家は、うつ病や不安神経症を治療するためにSSRIおよびSNRI抗うつ薬を処方します。これらの薬はまた、人が気付かないかもしれない副作用を引き起こすかもしれませんが、それらはうつ病や不安を助けるのに効果的です。では、これらの副作用は何ですか、そして人々はどのようにしてそれらを効果的に管理することを学ぶことができますか?このブログを通してすべてについて知らせましょう! 重度の禁断症状を回避するには、抗うつ薬の効果を理解することが不可欠です。抗うつ薬を服用するとき、脳と体はそれらの存在に適応します。その結果、薬の摂取が止まると、セロトニンのレベルが低下し、否定的な症状が生じます。人体が抗うつ薬に順応すると、いつでも体内で利用できるセロトニンが増えるため、必要なセロトニンが少なくなります。しかし、誰かが突然抗うつ薬の服用をやめた場合でも、脳はあなたの体の自然な生産から得られるよりも大量のセロトニンを供給する必要があります。それは、うつ病、不安、不眠症、震えなどの重度の離脱症状を引き起こします。要約すると、抗うつ薬は体に影響を与えるだけではありません。それらは人間の脳の構造と機能を変える可能性があります。そのため、処方されたとおりに正確に摂取する必要があります。個人は、思考障害、不安の増大、自殺行動など、指定した投与量よりも多く摂取する望ましくない副作用を経験する可能性があります。

SSRI、SNRI、およびSDRI:これらの抗うつ薬のいくつかの一般的な副作用 Read More »